タグ別アーカイブ: アマゴ

縁のないT川...


 今シーズンは湖北のT川がいいらしい...。

 

漁協のHPには景気のいい尺だなんだと書かれてて、土曜出勤の代休をいただいた金曜日に行ってみました。

 が、下流から上流へ川沿いにクルマを走らせど走らせど大増水!濁りを伴った流れが激しくてとても釣りになりそうには思えず、支流はどうかと除きながら最上流まで...。

 せっかく朝から期待して行ったのに...え~いっ!このままでは帰れない!

 

というわけで、いつもの渓へ...。

 

やや増水気味でしたが、水はクリアで気持ちのいい太陽の光が水面をキラキラと輝かせてます。

 これこれ、こうでなくっちゃね。というわけで、発売中のフライフィッシャー誌の表紙でも使われてたスペントバジャーをセレクトしていざ渓へ!

  川岸の草は少し伸びて若干クモの巣がジャマしますが、たいしたことはなく、ポイントへフライを落とします...


 ギラッ!

 水中でアマゴがフライに出かけて反転するのが見えます。う~ん、どうやらスペントバジャーは派手すぎて疑われたようです。

 とりあえず1尾釣りたいので、地味~なクイルゴードンの15番に付け替えると...

 バシャッ!

 

きましたきました、17cmぐらいのキレイなアマゴです。


 この渓特有のオレンジっぽい朱点のアマゴです。

 いや~、いい感じです^^。

 できれば20cmを超えるサイズに会いたいと釣り上がります。

 そして、二股の流れが合流する水深のある瀬にクイルゴードンを流すと...

 バシャッ!

 きた~っ!

 ぐいぐいとポゾのバンブーに手ごたえが伝わってきます。

 こ~れは20cm超えてるんちゃう?と慎重に寄せます。

 メジャーを当てると20cm!(正確には19.5cm…)

 なかなかの面構えのええアマゴでございました。

 その後、堰堤まで釣り上がってチビアマゴに遊んでもらって気持ちよく帰路につきました。

 さ~て、今度はいつ行けるかな?そろそろU川のイワナくんがいい気がしますが..

 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

う~ん...


 今日は先日、すごく調子が良かった渓へ...。

 

しか~し!なんだか水量が多くていつものポイントがなくなってるし、じぇ~んじぇん反応もなく、
25cmのニジマスが釣れたポイントでは、サイズが縮んだのかチビニジくんが...。


 こらぁ、アカン!




 時間は12時過ぎ。今からなら昨日の渓に移動しても午後の釣りが楽しめそう...。


 ということで、急遽高速使って昨日しまじろうさんと行った湖北の小渓流へと向かいました。


 13時頃には到着し、昨日、釣らなかった区間に入渓します。

 天気も良く、気温も上昇してハッチも盛ん。なんとか20cmオーバーを釣るで~!と気合を入れて茶系のドライフライをキャストしますが、じゃれるように出てくるのはチビアマゴばっかり。

 小さいと寄せてくるのもいいかげんになってオートリリース(バラシたとも言う...)も多くなってしまいます。

 アマゴは小さいほうがパーマーク(幼魚斑)がクッキリしていて、思わず見とれてしまいますなぁ~。美しい!

 って、いやいや20cmオーバーが釣りたいぞ~。

 ピチッとかパチャッと可愛いアマゴに遊んでもらいながら、堰堤下まで来てしまいました。

 ん?堰堤下の左奥でライズ発見!サイズは...残念ながら20cmは無さそう...。

 あ~、でもなんとかあのライズは捕りたい!フライをハックルを厚く巻いたスタンダードパターンから、ハックルを薄く巻いたよりリアルなフライ(ソラックスダン)に交換してキャスト!

...バシャッ! 来た~っ!!!!!

 このポイントなら、もうちょっと大きいのが居てもいい気もしましたが、ライズをとれたので、けっこう満足してしまいました。

 もっと大きなってや~とリリースした後、ハッチも多かったこともあって昨日釣った区間も釣れるんじゃ...と軽く探ってみました。

 が、やっぱりチビアマゴちゃんしか相手をしてくれませんでした。残念!でも相手してくれたアマゴちゃんには感謝!です。

 これで私にとっての滋賀県内の釣りは一区切りです。今年は遅い時期に雪が降ったり変な天気だったので、ちょっと難しかったですなぁ…。

 さ~て、そろそろ福井や岐阜の渓が良くなってくると思いますが、今度はいつ釣りに行けるかな?

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

来た~っ!(しまじろうさんに…)

 妻子が帰省したのをいいことに、1年ぶりにしまじろうさんと湖北の渓へ...。

 しまじろうさんからは昨晩、私も発症した例の病の発作が起きた!?という連絡があって、どうなることかと思われましたが、薬が効いてなんとか朝にはハレも引いて靴もはける状態になったということで、一緒に行くことができました。

 しか~し、ムリはできないということで、入渓しやすいところを探しながら湖北の渓の最上流部へと向かいました。


 暑くもなく寒くもなく天気は上々、水量も申し分なく、他の釣り人も見当たらない。

 こっ、これは...  爆釣の予感!?

 クルマを停めて少し下流へ歩きます。

 しまじろうさんは長く歩けないので、早々に入渓です。

 私は昨年いい思いをしたプールへ...。

 やはりここには居ました。プールの手前から小さめのアマゴが小さめのドライフライに出ました。

 その奥ではもう少し大きめの魚が出たのですが、うまくフッキングしませんでした。う~ん、残念!

 その後、ラインを巻き取ってる間に流れにもまれていたフライをピックアップすると、ん?ちょっと重い?

 よく見るとルアーサイズのイワナくんがフライをくわえてました...(苦笑)。


 そして、しまじろうさんと合流してしばし情報交換。気温の上昇とともにハッチも増えて期待しながらさらに上流へ...。


 反応は徐々に良くなってきて、ポイントらしいポイントからちびアマゴがドライフライに飛びかかって来ますが、うまくフッキングしないことが多く、フッキングしても食いが浅いのか途中でバレてばかり。

 なんとか1尾キャッチしたところでクルマへ戻ります。アマゴは小さいながらも背中が盛り上がっていてコンディションは上々です。

 

クルマに戻ると、しまじろうさんが最初に反応があったポイントに再チャレンジするというので、後ろから見学です。

 足が痛くて休んでるんじゃないかと思ってたのですが、今日のしまじろうさんは何かが違う!?いつになく「絶対釣ったるでぇ!」というオーラが漂ってます。

 そして...出たっ!

 

しかし、空振り。万事休すかと思われましたが、めげずにしまじろうさんはキャストを繰り返します!

 

そして...バシャッ!

 きた~っ!!!!!

 体高のあるナイスバディなアマゴちゃんです。

 

いや~、お見事!ええもん見せてもらいました。

 

しまじろうさんは激写モードに突入です。

 アマゴちゃんは丁重に上流にむけて呼吸ができる状態で休んでもらいながら、角度を変え、ロッドの位置を変え、とにかく激写です!

 25cmぐらいありそうなツラがまえでしたが、メジャーを当てると21.5cmとそれほど長さは無かったものの、筋肉隆々でこの小さな渓ではなかなか釣ることのできないグッドサイズです。ん~、素晴らしい!

 昼食後、私もグッドサイズを!と頑張ったのですが、遊んでくれるのはちびアマゴばっかり。それでも餌が豊富なのかコンディションは良かったですね。

 午後も反応は多数あったものの食いが浅いのかバラシが多く、2尾のチビッ子アマゴをキャッチしたのみで納竿しました。

 

明日はもうちっと大きいのが釣りたいなぁ…。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

家族の前で爆釣~!?(ちっさかったけど)

 

この週末の釣行は2転3転して全く予測不可能だったのですが、なんとか日曜の午後から前回と同じところへ1時間ちょい行くことができました。

 今日は、家族揃って河原をベースにして、見える範囲まで釣り上がらせてもらいました。

 

妻は一応ウエーダーを積んできたのですが、子ども達とゆるい流れで群れているアブラハヤの稚魚を網で捕まえたり、おやつを食べながら待っていてくれました(感謝!)。

 

日曜の午後ということで、あんまり期待せずに、とはいえスレてるに決まってるので、いつもは6.5Xティペットを使うことが多いのですが、今回は7.5Xのティペットに茶色の19番CDCダンを結んで第1投!

 

すると、いきなり反応がっ!残念ながら合わなかったのですが、次のポイントで小さなニジマスをキャッチ!ベースに戻って虫かごに水を入れて観察です。パーマークがくっきり出た野性のニジマスでした。

 

その後も目立ったハッチはないものの、ポイントごとに反応があって、先日ライズしていたのにキャッチできなかったポイントで19cmのアマゴもキャッチし、1時間ほどでアマゴ3尾を追加してベースで子ども達としばらく観察してからリリースしてきました。

 

いや~、小さいながらも楽しめました^^。

 

ところで、お兄ちゃんは水辺で最も行ってはいけないところになぜか進もうとして「あぶないっ!」と注意というか怒られ、ロッドやランディングネットを置いて「ここには来たらアカンよ」と言ったところに少し時間が空くと必ず行こうとして怒られ、なんだかつまらなさそう...。

 

それに引き換え娘は水遊び大好きで、網を持って果敢に流れにつっこんで「それっ!」と引き上げるのが、なにも入らなくても面白いらしく、飽きることなく何回も何回もやってましたね。

 

で、お兄ちゃんはすぐ夢中になって靴のまま流れに入って行こうとするのに対して、娘は水際で踏みとどまって怒られるようなことはしません。まぁ、もっと暖かい季節なら、多少靴が濡れようと、川にはまって濡れようと笑っていられるので、そんなに怒らなくてもいいんですけどね。

 

同じように育ててるつもりですが、この差は何なんでしょう?こういうのって単に子どもの個性と片づけていいんでしょうかねぇ...?

 
さ~て、次はいつ行けるかな?
 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

晴れてなければ...

 土曜日、「明日、晴れてなければ釣りに行っていいよ」との奥さまからのありがたい?お言葉...。

 

土曜がピーカンだったので日曜も晴れなら、まぁ釣れへんやろなぁ~ってところですが、天気がイマイチでも寒くなければ十分釣りになるんちゃうかなと、とにかく晴れないことを祈ってました。

 

日曜早朝、雨。しかし、それほど長い時間は降らずに絶好の曇り空となりました^^。

 

14時頃には切り上げてくるよう釘をさされ、9時過ぎに家を出て、先日と同じ場所へ向かいました。

 

今日は先行者も無く、納竿ポイントにクルマを停めて先日反応があったポイントまでしばらく歩きます。途中、雨に濡れたヤマブキや野生のツツジが目を楽しませてくれます。

 

10時30分、薄日がさしてけっこう暖かいものの目立ったハッチはまだのようで、クリームイエローのコンパラダンから第1投...数投したところで17cmのアマゴが飛びついてきました。ポイントは先日と全く同じ折れた竹が障害物となっている瀬脇でした。

 

さらに先日と同じポイントにリリースしたニジマスがいるんじゃないかとフライをいくつか変えて粘ったところ、13番フックにロードアイランドレッドのストークを平たくつぶしたものをボディに巻いた茶系のスタンダードパターンで、先日と全く同じニジマスが釣れました。

 

尾びれの一部が欠損してるので、まず間違いないと思います。引きの強さが先日とは比べものにならない強さだったので、ちょっと緊張しましたが無事ランディング。先日見たときはゲッソリ痩せてましたが、だいぶコンディションが回復してました。いい感じです。

 

それにしても先日リリースしたことで、再び私を楽しませてくれたニジマスくんには大感謝!です。でも、もうちょっと学習してもええんちゃうか~?(苦笑)

 

その後、茶色のメイフライがラインに当たるほど大量にハッチ!そして、先日もライズしていたポイントでまたもライズ発見!しかし、撃沈...。

 

続いてこの流れの核心部へさしかかったところ、1台のクルマとフライフィッシャーが...(終わった)。私がクルマを停めた場所と釣り始めたところの間にクルマを停めて、私がいい時間にと思っていたポイントに先に入られてしまったんです。とほほ...。ちょっと距離を空けすぎましたね。まぁ~こういうのはお互い様だったりするので、しょうがない。

 

気を取り直して上流部へ進むと反応は少ないものの、ところどころでライズもあって、17cmぐらいのアマゴを1尾キャッチ&リリースして納竿しました。

 

この流れ、交通の便も悪くなく、人通りもけっこうあるし、キャッチ&リリースの渓として管理することはでけへんもんかなぁ...。途中に深いプールもあれば産卵に適してそうな浅瀬もあるし、水質もまぁまぁで水生昆虫も豊富。ゴミが多いのが気になりますが、キャッチ&リリースの渓となればシーズン中は釣り人が途絶えることもなくなって不法投棄も減る気がします。天増川キャッチ&リリース区間より可能性がある気がするんですけどねぇ...。

 

さぁ~て、次はいつ行けるかな?

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

2年ぶりの石徹白川(峠川キャッチ&リリース区間)

 シルバーウィーク。お父さんは連休前半の土日が泊りがけの仕事ということもあって、妻は子どもを連れて実家へ...(帰ってきてね;_;)。

 そして中日(なかび)、かなり疲れが残ってたので最初は4日目に釣りに行こうかと思ったのですが、連休後半の天気があやしくなってきて...思い切って今日、行くことに!

 

9月ともなれば渓流は解禁から半年以上経過して魚影が限りなく薄くなってるんで、楽しい釣りを望むなら源流域か放流量の多いところか、キャッチ&リリース区間が設定されている渓流となります。

 

若い頃は頑張って源流を目指したこともありますが、単独釣行は危険がいっぱいなんで、10年ぐらい前からは里川やキャッチ&リリース区間で渋いライズを狙った釣りなんかが好きになりました。

 さて、一時期は年券を買って家から高速道路を使って2時間半もかけて通った石徹白川に目覚ましを4時にセットして、およそ2年ぶりにやってきました。

 

まぁ、ある程度予想はしていたものの、アマゴ園のおばちゃんから日券を買っていつも駐車するスキー場の駐車場を見ると、ズラリと10台ほどの車が並んでます。途中の駐車スペースにも空きのない状態で車がとまってたし、いったいどこで釣りしたらええねん!とあきれるやら笑えるやら...。

 

まったくもって人多過ぎですもちろん自分もその一人ではあるのですが...。とにかく、そこら中にフライフィッシャーがロッドを振ったりタックルをセットする姿が見えます。

 しかたなくキャッチ&リリース区間の最下流部へ向かうと、途中の橋近くに駐車スペースを発見して停車したものの、車から降りて川を見ると既に1人フライロッドを振っておられます。ははは。ほんま笑うしかありません。

 時間は7時。コンビニで買ったおにぎりでもゆっくり食べて時間をおいてからやろうと車内で朝食を食べ始めると、なんと私のすぐ後ろに1台停車し、中から親娘フライフィッシャーが川へ降りて行きました...。先に車とめたのになぁ...まぁ娘さん小さいし、しゃーないわなぁとタックルをセットして、歩いて下流へ向かいます。親娘フィッシャーと間隔を空けたかったんで...。

 と~こ~ろ~が!少し歩いただけで下流でタックルをセットしている別のフライフィッシャーを発見!アカン。あんまり間隔空いてないけど入渓しよ。と川へ降りたのはいいのですが、すでに石の上に足跡が...。ははは、誰かやった後やん。かなわんなぁ~。水に浮くドライフライ(ブラックカディス14番)を結んでたのですが、作戦変更してドライフライのフックに細めのティペット(6.5X)を1フィート継ぎ足して沈めるフライとして実績のある18番のフェザントテイルを結んでドライフライは目印代わりにします。これが困ったときの私の定番スタイルです(しまじろうさんもですよね!)。

 そして最初の浅い瀬に数投キャストしてピックアップしようとすると...

 グングンッ!

 お~っと、いきなりキタ~っ!しっかりフェザントテイルをくわえてネットに収まったのは22cmのでっぷり太ったイワナくんでした。幸先の良いスタートです^^。先行者の多さを考えると、今日はこれ1尾になるかもしれないと激写です(笑)。

 

ちなみに本日のタックルはイタリアコンビ。ポゾのバンブーにフィオリニのリール。ラインは3番です。

 そして、同じ瀬の上流にキャストして水面を流れるドライフライを凝視していると...

 ピタッ!と止まりました...キタ~ッ!

 今度は快心の一撃です。元気に暴れてくれたのは24cmのアマゴでした。春アマゴと違って秋アマゴは産卵行動が近いことを感じさせる渋い色合いですなぁ。いわゆる婚姻色ってやつで、ブナが出るなんて言ったりもします。

 

う~ん、時間はまだ8時半。これって釣れすぎちゃうん?アマゴの写真を撮った後、同じ瀬を見ると2箇所でライズが...。ん?ひょっとして魚めちゃめちゃいる?さすがはキャッチ&リリース区間。いや~、素晴らしい!残念ながらライズは取れなかったものの、少し上流でブナの出てない小さいながらも美しいアマゴを1尾釣って、親娘フィッシャーの後を釣り上がります。

 

途中で25,6cmほどの魚影がふらふらと泳いでいるのが見えましたが、フェザントテイルには見向きもしなかったので、さらに上流を目指します。親娘フィッシャーはいつの間にか視界から消えたので、過去9月に尺アマゴを釣った実績のある上流のプールに向かいます。...が、少し大きめのイワナがゆらゆらと泳いでいるのが見えたものの、フライには無反応...。さらに上流のプールもやってみますがダメ...。小さなポイントで2度ほどアタックはありましたが、それっきり...。

 ふと上流を見ると1人のフライフィッシャーが見えます。ゆっくりフライを変えたり、お茶を飲んだりして時間を使ったのですが、動きがありません。それもそのはず、なんとその上流にも1人フライフィッシャーが粘ってるのです。

 こらアカン。引き返してさっき見かけた魚でも狙おうと下流へ向かいます。途中、そのポイントにフライをキャストするフライフィッシャーが見えたのですが、お茶を飲んでる間にあきらめて引きかえされたので、静かに、しかし急いでポイントへ移動して再度魚影があるか確認すると、居ました居ました。基本的には定位しているのですが、時々左右に移動して...なんとライズまでしだしました!。

 

チャ~ンス!

 ライズするとなればドライフライです。しかも目立つサイズの虫は飛んでいないので、まず細いティペット(7.5X)を2フィート継ぎ足して、選ぶフライは極小ミッジ!(24番のCDCピューパ)。

 

しかし、私のフライには見向きもせずに相変わらず別のところでライズします。ならばとフライから20cmほど離したところに小さなウェイトをかましてCDCピューパを無理矢理沈めて流してみます...が反応なし!しかも対岸の巻き返し付近で再びライズします。

 ぬぉ~!!!燃えてきたで~っ!!!

 ふと気がつくと下流に2ペアつまり4名のフライフィッシャーの姿が見えます。あららら、適当に切り上げんとつまってしもてるがな...。

 ...う~ん、そや、こんなときのお助けフライ!なんの虫に似ているのかよぉわからんファジー系ミッジ、グリフィスナットや! ということで22番のグリフィスナットに付け替え、ハックル部分はよく浮くようにフロータントを塗布し、フック部分とフライから30cmほどのティペットには汚いですがツバをつけて沈みやすく(フライを自然な姿勢かつフライの浮いてる部分以外を目立たなく流すための小ワザです。)し、フライが何投目かで定位する魚影の真上を通過しようとした正にその時!

 

魚影がゆ~っくりと浮かび上がって口を水面に出してフライを吸い込んで沈みました...

 ん?食った!?

 

あまりにゆっくりだったので、やや反応するのが遅れましたが、ロッドを跳ね上げて合わせると...

 グンッ!ギュイギュイッ!

 っと激しく首を振って抵抗します!ん?この手ごたえ!で、デカイっ!無理はできないので、されるがままに瀬を1つ下られて後を追いかけます。
抵抗を続ける魚影が予想以上に大きいことがわかると、とたんに膝がガクガクして、こけそうになりながら追いかけます。ラインを夢中で手繰り寄せてネットに入れようと試みますが、ロッドが激しく曲がっていて寄せきれません。しかもネットは“塩焼きサイズが良型に見える”小ぶりネットを持ってきてしまったので、慎重に慎重に...そして何度かの寄せを経てなんとかキャッチ!

 ふぅ~っ!ネットに横たわるブナの出たイカツイ顔のアマゴに思わず腰が抜けかけました。心臓バクバクです。震える手でメジャーを当てると31cm!ヒレのピンと張ったネイティブ(ワイルド?)尺アマゴです。

 くぅ~、たまりまへんなぁ。あいにく曇り空でいい色で写真が撮れなかったのと、「大きいの釣れたんですか~?見せてもらっていいですか~?」と下流で釣っておられたフライウーマンさんが見に来られたのですが、今思えばお願いして写真撮ってもらったらよかったなぁ...、あとリリースするときに動画撮っときゃ良かった。...でも弱る前にリリースしなきゃ!とてんぱってたみたいです(苦笑)。

 

はぁ~、それにしても久しぶりの大物に感動しました。キャッチするまでのスリルと興奮は何ものにも代え難いものがあります。時計を見ると11時。昼飯食べて温泉入ってイブニングも...と思って来たのですが、もぉお腹一杯!満腹満腹です。フライフィッシャーもウジャウジャいるし、夕方入渓するポイントも喧嘩にならずとも嫌~な思いをしなけりゃいけないかもと頭をよぎったので、ここはおとなしく帰宅することに...。

 来シーズンも良い釣りができますように...^^。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

つかの間のパラダイス

 土曜の午前に行く予定が春の嵐でずれ込んで、今日は本当は長居でセレッソ対横浜FCを観戦する予定(滋賀出身の乾貴士がゴールを決めて快勝!う~ん、見たかった!)だったのを変更して、先日行けなかった湖北の渓の最上流部へ行ってきました。
 
 タックルを準備して入渓したのは午前9時。水量は多めで気温は少々低く、ドライフライに出るかどうか少し考えたものの、茶系のソラックスダンで様子を見ることに。

  いつものポイントから始めて最初のプール。手前でまず1尾。19cmの朱点がどぎついタイプのアマゴが飛び出しました。この渓ではグッドサイズですが、稚魚放流っぽいですね。

 さらに少し奥から20cmの朱点が薄いタイプ。これですよ、これ。くぅ~、たまりまへんなぁ。さらに奥ではボーン!と25cm級がジャンプしたもののフッキングせず(悔しい~っ!)。少し横で16cm、さらに18cmと同じプールで4尾キャッチと上々のスタート。

 今日のタックルはハーディーのパラコナスペシャル3番に同じくハーディーのボーグル(復刻版)。パラコナスペシャルはガイドに赤メノウが使われてるところが嬉しいロッドで、独身時代にセールで安くなったときに思い切って買ったもの。国産ビルダーさんの丁寧な仕事に比べるとファクトリーものということで、若干処理が甘いような気もしますが、「なんてったってハーディー」ですから、使ってて気持ちいいんですなぁ、これが。グリップが細身なところも私の手にはちょうどいい感じ。

 リールは限定で製作されたボーグルで、京都の某ショップで一目惚れ。艶消しされた表面加工が渋い輝きを放ってます。これは右手巻きなんですが、ドラグを最弱にして左手巻きとして使ってます。小さな渓流でリールファイトすることなんて、まずありませんしね。

 さて、その後も教科書どおりのポイントで反応があって、キャッチしたりバラシたり。う~ん、これぞ正しくパラダイス!

 しか~しっ!7~8尾キャッチ&リリースを繰り返したところ、どういうわけかパタッと反応が無くなった。ん~、おかしい。ふと林道を見ると入渓時にはなかった車が...(ガラスには釣りメーカーのステッカー)。

...終わった。今日はここまで!良い季節も短いけれど、違う意味でもほんまに短いパラダイスでございました。とほほ。 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する