トラブル発生!(ちょっとアカンやつ)

アルファロメオ・ミトを中古で購入して約半年、それは不意にやってきました...。

5年落ちとはいえ、現代のアルファロメオは故障しない。初期のセレスピードはひどかったと聞いてましたが、ミトのTCTが壊れるというのは今のところ聞いたことがない...、はずだったのですが、走行中にピッ!ピッ!というアラーム音が鳴って、気のせいかと思ったりもしたのですが、信号で停止するとインパネにトランスミッションエラーの文字が出てエンジンは動いているものの、ギアが入らないようで前に進みません。

幸い田舎道で後ろにクルマも無くて、気を鎮めながら一度エンジンをオフにして、「動け!」と念じながら再始動。すると何事もなかったように動いて、とりあえず帰宅できました。

その日は遅かったので何もせずに、たまたまと思い込むようにして、翌日...。通勤途上でも同じエラーが表示されて動かなくなって、エンジン再始動で動き出して、なんとか出勤。

さすがにまずいと思って購入先の整備工場に連絡して、仕事の後に持って行こうとしたところ、雨の降る夕方の渋滞する国道で...、またまたストップ!今度はエンジン再始動でも動きません!

すぐにハザードランプを点けると後ろのクルマから盛大なクラクション!...これはちと辛い。自分の身にだけ降りかかるトラブルなら笑ってられますが、他人様にご迷惑をおかけするというのは申し訳なくて...。

その後、少し時間を置いてから再始動すると、なんとか動いたので整備工場に持って行くことができました。

で、調べていただくとトランスミッションオイルが空(カラ)になっているとのこと!しかも漏れてる形跡が確認できないというのです(どゆこと!?)。

とりあえずトランスミッションオイルを入れてもらって、今後は時々オイル量をチェックして、減るようなら持ってきてくださいということで帰宅。

その後、1週間後、2週間後とオイル量をチェックするも変化は無さそう...。

ん~、じわじわと漏れているのかもしれないんで、今後も注意していかないと...。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中