ベビーアルファがやってきた!

1993年、あれやこれやと気になる欧州車を中古とはいえ毎年のように乗り換えるなんて生活が長く続くはずもなく、車種を限定しない欧州車オーナーズクラブを作って仲間を増やせば色々な車をチョイ乗りさせてもらえるんじゃないか(←そんな理由?f^^;)と設立したクラブ・ブオン・グスト…。その当時はフィアット・パンダの1000CLに乗ってたと思うんですが、いつかはアルファロメオに乗りたい!できれば真っ赤なスパイダーに乗りたいなぁ…なんて漠然と思ってました。

その後、中古の145がMTだったこともあって、比較的高年式にもかかわらずバーゲン価格でポツポツと出てきて…、思わず買っちゃおうかと真剣に考えたことがありましたが、タイミングが合わなかったりして購入には至らず…。

さらに私は花粉症は大丈夫なんですが、西の方からは黄砂だけじゃなくPM2.5が飛んでくるようになって、あんまりオープンカーにはこだわらなくなってきたこと、8年ぐらい前に振り回しやすそうなコンパクトなアルファ“MiTo”が発表され、日本導入時にCBGの臥龍さん他と試乗会に行って、展示されていた8cコンペテッツィオーネのデザインイメージをギュギュっと凝縮したかのような小さいながらも存在感抜群な外観、6速MTってだけでも面白いんですが、DNAレバーをデフォルトの“N”(ノーマル)から“D”のダイナミックに切り替えるとターボが効きまくって顔がにやけずにはいられない楽しさで、「うん、何年か誰かに乗ってもらってからコレを買おう!」と密かに心に誓ってました。

そして、2月の終わりに長年お世話になってるショップにミトが入庫したのをきっかけに、アルファ・ミトの中古車は初期に導入されたマニュアルモデルより、その後に追加されたTCTと名付けられたクラッチレス6速MTのコンペテッツィオーネかスプリントが多く出回ってて、バランスはスプリントやけど、パドルシフトのあるコンペテの方が楽しそう…、と雑誌を読み漁っては悩んでおりました。

が、その後、3月初めにショップに真っ赤なアルファ・ミトが入庫したのをネットで見かけたところ、そのミトは限定販売されたスプリント・スペシャルエディションというモデルで、スプリントでありながらパドルシフトが付いてるというコレしかない!というミトで、しかも5年落ちながら2万キロに満たないという走行距離!お値段は少々予算オーバーな気がしたものの、妻と一緒に見に行って、背中を押してもらって購入することに…。

本当は、あと1年ぐらいはトゥインゴに乗って、車検までに程度のいいミトが見つかれば…、と思ってたんですけどねー。

思い切ってしまいましたf^^。

で、偶然にも8年前に初めてミトに出会って試乗した同じ日に納車となりました^^。

ところで、ミトはフィアットのグランデプントとシャシーが共用だったり、FFだったりと生粋のアルフィスタには認められないモデルかもしれませんが、冬になれば何回かは積雪する地域で片道25km以上の通勤に使う者としては、4駆かFF車じゃないと話しになりませんし、フロントの盾形グリルにアルファロメオのエンブレムが付いてたら、そりゃもう誰がどう言ったってアルファはアルファ!いや~、最高です!^^

スライドショーには JavaScript が必要です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中