子どもたちのピアノ発表会

そのうちやめると思ってたピアノですが、まだ続いてます。二人とも普段はろくに練習してないようですが、さすがに発表会が近づくとやる気になるようで、それなりに練習してましたね。

二人とも連弾とソロの2曲を弾くんですが、今年は息子がソロで「A列車で行こう」を弾くというので、ジャズのノリというか楽しい雰囲気が出せるようにと何度かデューク・エリントンが弾いてるのをYouTubeで見せたりしました。

というのも子どもたちのピアノ発表会って、ウチの子も含めて楽譜どおりに弾くことにとらわれすぎるからか、曲が曲になっていないというか、ブツ切りというか...、一部の上手い子を除くと、聴いてるのが結構ツライんですよねぇ...(苦笑)。

ですので、せっかくジャズを弾くんやからと、グルーヴの大切さを自分は全く弾けないくせに偉そうに息子に言い聞かせて...、まぁ、そんなかいあってかちょっと間違ったりしたようですが、それなりに楽しい感じを出しながら弾けたようです^^。

今回はデューク・エリントンの曲を弾いたんで、来年、そう!4月から中学生なんですが、まだ続けるらしい...ので、是非ともスティービー・ワンダーのデューク・エリントンのトリビュート曲「Sir Duke(愛するデューク)」を弾いてほしいなぁとソウル親父は思うのでした...。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中