海洋堂フィギュアミュージアムのフィギュア塗装体験…

01春のお花見キャンプが家族に好評だったんで、すぐに長浜市の高山キャンプ場を予約して、5月21日~22日に行ったんですが、初日の午前中は黒壁スクエアに行くことに…。

で、クルマは長浜城(豊公園)の無料駐車場に停めて、黒壁スクエアまで歩きます。

黒壁スクエアでは、息子と二人で海洋堂フィギュアミュージアムに入ります。目当ては息子がフィギュアの塗装体験がやりたいというので、入場料の他に体験料1,000円を支払います。

06フィギュアは3種類から選べて、恐竜好きな息子は当然のティラノサウルスをセレクト。塗装に使うのはアクリル絵の具で、乾くと落ちないらしくエプロンを貸していただけます。

先生の指示に従って、まずはベースカラーを決めて、仕上がり時に影の部分となる濃い色から塗っていきます。お腹や脚の内側なども塗り残しのないようにしっかり塗ります。

07塗ったフィギュアは先生がドライヤーで乾かしていただけます。

08そして、次は少し明るめの色を全体に塗るんですが、最初に塗った濃い色は残したいので筆に付けた絵具をタオルで拭いて、ほとんど色が付かない状態にしてからシャカシャカとフィギュアのデコボコの表面部分にだけ色が付くように塗っていきます。

09続いて、お腹はさらに明るい色を同様にシャカシャカと塗っていきます。こうすることで陰影が浮かび上がってリアルに仕上がるんだとか…。って、私が高校の頃によく作ってた戦車のプラモの汚し塗装なんかと同じですなぁ…。

あと細かい目とか歯とか爪、台座の塗り方を先生に習って…、通常なら30分ぐらいで仕上がるところを1時間近くかけて完成!

11

ジオラマに置かせてもらって撮影して終了~。お疲れさん^^。

しわがしっかりとリアルに表現された海洋堂のフィギュアだからこその仕上がりだと思うんですが、息子は出来栄えに大満足でした。

16あまりに塗装に時間がかかったために展示を見る時間がほとんどなくて、というのもお昼は前々から行きたかった親子丼が日本一美味しいと言われることのある「鳥喜多」さんに行く予定で、すでに妻と娘が黒壁スクエアを散策しながら行列に並んでくれているとの連絡があって…、とりあえず写真を撮りながら足早に鳥喜多さんへ…。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中