甘く危険な中古ラテン車選び…

4年落ちの中古で買ってから8年以上も気に入って乗ってきたスマートKの次の通勤グルマを探してます...。

実は先日、スマートKを購入したトイカーランドさんで、1つ前のフィアット・パンダの4駆(左ハンドルMT)を探してほしいと頼んだんですが、その後、色々と調べてみると意外に高値で推移していて良さそうな個体は旨味が少なそうに思えてきました...。

そこで、トイカーランド大津店にお邪魔して店頭に並んでる魅力的な価格帯(車検2年付で60万円前後)のラテン小型車を物色...。トイカーランドさんは私好みのラテン中古車が充実してまして、この手のクルマへの愛情を感じずにはいられません。

ちなみに私が若かった独身の頃、中古車は“出会いを大切に”をモットーとして買い替えたいときに店に置いてあるクルマが運命のクルマなんだと1~2年で買い替えてた時期があって、今回も買い替えたい今、置いてあるクルマから選ぼうと思いまして、まずはトイカーランド栗東店にあった9年落ちの“アルファ147”を検討。しかし、維持費を考えるとアルファは次かその次に楽しみを延ばすことにして、大津店に置いてあった60万円前後の甘く危険なラテン中古車たち“フィアット・グランデプント”、“フィアット・パンダ”、“ルノー・トゥインゴ”を比較検討することに...。

01

まず、グランデプントは燃費が良くて車格が他の2つより上で上質感があります。それに何と言ってもジウジアーロによるマセラティちっくなボディデザインが素晴らしい。しかし、残念ながらイタリアンレッドなボディカラーはバンパーやドアノブが退色してきてます...。

次にフィアット・パンダも燃費が良くて小回りが効きそうな小ささがいいんですが、内装デザインが悪くはないんですが、あまりにプラスチッキーなショボさ...。それからパンダに乗るならやっぱりサンルーフ付がいいよなぁ...。

最後にルノー・トゥインゴも燃費がいいらしく、比較したクルマの中で最も小さくて小回りが良さそう。妻が乗ることもあるんで、妻の意見も聴くと「小さいのがいい」とのこと。デザインも内外装とも悪くなく古さも感じさせません。しかし、唯一トゥインゴのみ3ドアで使い勝手はイマイチか...。

というわけで、一長一短があるのは仕方ないことで、どの部分にフォーカスを当てるか?で決めることになるわけですが、今回の通勤グルマ選びで私が選んだのは...、納車されたら改めて報告することにします^^。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中