甲斐バンド/THE BIG GIG(1983)

2またまたライブアルバムの紹介です。オリジナルアルバムはこの時点で10枚ですから甲斐バンドってライブアルバムが多いですよね。これが4枚目。しかも、そんじょそこらのライブじゃなくて今は都庁が建ってるビルの谷間に3万人が集まったという伝説のライブです...。

まずA-1“ブライトン・ロック”に続けてA-2“ダイナマイトが150屯”と飛ばしたところでMC「よく来てくれたね。BIG GIGにようこそ!」ですよ。カッコいいなぁ...。そして、A-3“危険な道連れ”、A-4“ムーンライト・プリズナー”、A-5“SLEEPY CITY”とノリのいい新しめのナンバーでたたみかけます。観客の手拍子がスゴイですな。

B-1“GOLD”、B-2“ボーイッシュ・ガール”とアップナンバーが続いた後、B-3“荒野をくだって”で小休止。そして、B-4は初期からライブで歌い続けられてきた“氷のくちびる”で盛り上がります。

2枚目、C-1“ナイト・ウェイブ”の静かなイントロでは観客の手拍子がよく響きます。続くC-2は初期の“東京の一夜”で、ここでも手拍子がスゴイことになってます。さらにC-3“シーズン”と盛り上がった後は、C-4“MIDNIGHT”でクールダウン。

そして、D-1“ポップコーンをほおばって”さらにD-2“漂泊者(アウトロー)”くD-3“観覧車’82”でライブは最高潮に...。ラストD-4の“破れたハートを売り物に”では観客も一緒に歌ってる声が入ってきて、正に大合唱状態で終演...。

それにしても甲斐さんのヴォーカルは当然ながら終始パワフルなんですが、観客のテンションも高い高い。いや~、甲斐バンドって、マジで人気あったんだよなぁ...、と思わせてくれる本作は、素晴らしきワンナイトライブの貴重な記録となってます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中