うまいコーヒーを飲むために...

3美味しいコーヒーを淹れるのって奥が深いというか、面倒くさいというか、色々と大変です。

最近になって(遅っ!)ようやくコーヒーは生鮮食品と同じだということが分かってきました...。

これまで色々と飲んできましたが、その中からたどり着いた“うまい”コーヒーを飲むために今さらながら気をつけようと思ってることは、

1.コーヒーは豆で買うべし!

2.買う豆は焙煎された日が明記してあるものにすべし!

3.焙煎から1週間ぐらい経過した頃に美味しさのピークが来る!

4.しかし、美味しさは徐々に、そして途中から加速度的に失われていく!

5.美味しさを完全にキープする方策は無くて何をやっても悪あがき!

6.そのため、コーヒー豆は少量ずつ買うべし!

です。もちろん淹れ方にもコツがありますが、それは上記の重大さに比べればしれてますので割愛します。長いことコーヒーを飲んでますが、コーヒー通な方には当たり前なことも最近まで知りませんでした...(とほほ)。

12最近ネットでポチッた豆は私好みのマンデリンで、袋には焙煎された日も明記されてます。ちなみに新鮮な豆を挽いてお湯を注ぐとプーッと膨れてきますので、新しいか古いかはすぐ分かります。新鮮な豆を挽いてすぐに淹れるコーヒーは香りも立って味わい深くて美味しいですな^^。

注:画像の袋は300g入りで送料込1,000円でした。本当は150gぐらいずつ買うほうがいいんですが、割高になるんでついつい大袋で買ってしまうのは貧乏人の悲しいサガですなぁ...。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中