シーズンオフはキャッチ&イート…?

P1010619先日初めて行った醒井養鱒場にオープンした総谷川天然河川釣り場に再び行ってみました。今回は平日に休めたので妻子に晩ご飯を作るからとお願いして許してもらいました...。

というわけで、久しぶりにハーディーのプリーストを持って行って、何尾か持って帰って鱒料理でも作ろうと思ったんですが、どこを探してもプリーストが出てきません。あ、ちなみにプリーストというのは“僧侶”という意味の棍棒のような道具で、釣った魚をキープする際に長時間恐怖を味あわせることなく一撃で命を奪えるものです。

P1010593ひょっとしたら9月に石徹白川に行った際にコケてズブ濡れになったカバンを引っくり返したことがあって、その際に入れっぱなしにしていたプリーストを落としたのかも...と、仕方なく適当なところで探すのをあきらめて米原市醒ヶ井へ...。

途中、あちこちで工事していて時間がかかってしまいましたが、10時頃には到着して下流から上流へドライフライで釣り上がります。タックルはハーディーの6feet10inchのC.C.de France5番にPerfectReelという組み合わせです。

P1010589するとコンパラダンでポツポツと元気なニジマスが飛び出してくれたんですが、プールでライズしてる虹鱒は見向きもしてくれなくて、フライをとっかえひっかえ時間があっという間に過ぎていきます。楽しい~!^^

しかし、このままではイカン!とニンフで釣り下って何尾かキープします。そう、今回は虹鱒をキープして持って帰って夕食のオカズを作らなければならないのです。

P1010604

それにしても下流部にいる50cm前後の虹鱒の引きは強烈で走る!は飛ぶ!はでパーフェクトリールの悲鳴を久しぶりに聴くことができました^^。釣り場の規模が小さいのと水質が微妙なので最高とまでは言えないんですが、滋賀県内の自然渓流で大きな虹鱒と遊べる貴重な釣り場には違いありません。

2013-11-21 18.38.48その後、15時頃までに10尾前後のいいサイズを釣って4尾キープして持って帰ります。大きい虹鱒は身がサーモンのようにオレンジ色で3枚におろしてムニエルに、少し小振りの虹鱒は塩コショウを強めに降って30分ほど置いてからスモークに...。

スライドショーには JavaScript が必要です。

2013-11-23 19.06.30で、問題の味なんですが個体差だとは思うんですが、美味しく感じる虹鱒と、ちょっと臭みが強く感じられてイマイチな虹鱒がいました。自分なりに考えてみた結果、ヒレが再生したワイルドな虹鱒は養鱒場や料理屋から色んなものが流れてくる川に長期間住んでたわけですから味がイマイチで、養鱒場つまり上流のキレイな水で養殖されて放流されたてのヒレがピンとしてないような虹鱒は美味しい...(違うかなぁ?)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中