Jr. Walker & the All Stars / Road Runner (1966)

201308245982本日の1枚は、60’sモータウンからファンキーなサックスとヴォーカルを聴かせてくれるJr.ウォーカー& the All Stars“Road Runner”をセレクトしてみました...。

まずA-1“(I’m a) Road Runner”は、いかにもな明るく弾むリズムのモータウンサウンドにファンキーなヴォーカルとサックスが最高にカッコイイ!続く“How Sweet It Is (To Be Loved by You)”マーヴィン・ゲイのカバーでリラックスした雰囲気でいい感じ、A-3“Pucker Up Buttercup”はファンキーなアップナンバー、A-4“Money (That’s What I Want)”は色んなアーティストがカバーしていて誰がオリジナルか分からない(←バレット・ストロングのようです)モータウン(前身のタムラレーベル)の有名曲ですが、Jr.ウォーカーにかかると力強いヴォーカルとサックスで実にファンキーな仕上がりとなってます。A-5“Last Call”とA-6“Anyway You Wannta”はヴォーカルは掛け声程度であとはひたすらファンキーなサックスプレイを聴かせてくれます。

201308245983B面も掛け声程度のヴォーカルのみでファンキーなサックスを堪能できるインスト中心となってるんですが、やっぱヴォーカルとサックスの割合が半々ぐらいのほうが個人的には楽しめます。ですのでB面はちと物足りませんが、A面はひじょうに楽しく聴くことができました^^。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中