Commodores / Midnight Magic (1979)

201304075373本日の1枚はソロになってからソフトな歌い方でバラードヒットを連発したライオネル・リッチーが在籍していたファンク・バンド“コモドアーズ”1979年の“Midnight Magic”を聴いてみます...。

まずはA-1“Gettin’ It”がオープニングにふさわしい洗練されたファンクナンバーで、メジャーの貫録って感じで踊らせてくれます。A-2“Midnight Magic”は同系のアップですが、よりメロディアスで途中でラップが入ったりスペーシーな電子音が入ったりと構成も凝ってるんですが、そんな中でも終始ベースがビンビン効いてて素晴らしいですね。A-3“You’re Special”はミディアム、そしてA-4“Still”が、いわゆるコモドアーズと言えば...と一般的に知られている大ヒットナンバーなんですが、生真面目過ぎると言いますか、歌詞をかみしめるように淡々とライオネル・リッチーが歌うわけですが、英語がよく分からないんで良さが全く分かりません。なんだか詩の朗読を聴いてるかのよう...()。

201304075374B-1“Wonderland”はミディアム、B-2“Sexy Lady”は本来のファンクバンドらしいファンクナンバーで、本作中で最もヘビーでカッコイイですね。思わず腰が動きます^^。続くB-3“Lovin’ You”はコーラスグループっぽいミディアムで、B-4“Sail On”がこれまた大ヒットしたスロウナンバーなんですが、ファンクバンドのスロウならもっとセクシーさがほしいと思うのは私だけでしょうか...。そして、ラストのB-5“12:01 A.M. (Reprise)”はファンキーなジャムセッション風のリプライズとなってます。

コモドアーズはポップなバラードヒットが有名過ぎるために敬遠しがちですが、ファンクバンドらしい佳曲もアルバムに含まれてますので侮れません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中