Hitchhikers / (SAME) (1976)

201303315366学生の頃に通ってたブラックミュージック専門店の壁にプレミア付の高値でディスプレイされていたコーラスグループ“ヒッチハイカーズ”唯一のアルバム、最近になってまさかのシールドにも関わらず意外なほど安価で入手できてしまいました。まぁCD化が進んだり、わざわざ面倒なレコードで聴く人が減ってるんでしょうね...ありがたいことです^^。

長い間さがしてたレコード、しかもシールドってことでビニールを破るのも緊張してしまいましたが、期待いっぱいドキドキしながら針を落とします...。

まずA-1“Free”が素晴らしい!タイトなバックに男臭さ満点の強烈に力強いバリトンリードの豪快な歌いっぷりに痺れるジャンプナンバー。これは熱い!続くA-2“Rolling Dice”は一転して軟弱なディスコ調の軽いサウンドでヴォーカルも軽め。途中でファルセットも絡んできますが、あまり印象に残らない感じ。A-3“My Baby’s Gone”は甘めのコーラスで始まるスロウでリードのバリトンが熱く聴かせてくれまして、時折テディ・ペンダーグラスを思わせる歌いっぷりですが、テディペンほどのセクシーさはなく愚直で不器用なオトコの歌って感じ。ちなみに語りも入ります。A-4“Don’t Want To Live Without You”は軽いアップナンバーでインスト部が長いですね。もっと歌を聴かせてくれ~。A面ラストの“You’re Making A Big Mistake”はサックスソロも渋いスロウナンバーとなってます。

201303315367B-1“Music Fills Your Heart”はホーンも大活躍のファンキーなアップナンバーですがインストパートが少々長く感じます。続くB-2“Bad, Bad Girl”は素晴らしい!ホーンが実に小気味いいダンサータイプで、まさかのヴォコーダー使いが超クール!いや~、思わず腰が動きます。もちろんリードの力強いバリトンも最高!B-3“Love Keeps Knocking At My Door”はファルセットリードによるスロウ。B-4“Good Time Man”はバリトンリードが快調なアップナンバーですが、曲がイマイチか...。B-5“ This Songs For You Mama”はラストに語りも入るスロウなんですが、ありがちな曲調で大人しい歌い方に終始してますので、残念ながらラストにも関わらず物足りない感じが残ります。

ということで、本作は全ての曲がいいとは決して言えませんが、ここまで豪快なバリトンリードはなかなか居ませんから、そのパワーを引き出したいくつかのアップとスロウは素晴らしい!これぞソウル!と唸らされました^^。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中