リールとラインのお手入れ

休日出勤の代休をもらった誰も居ない家で...、棚の上に飾るというかホコリをかぶった状態となってたリールやら一応ラックに収納してるヴィンテージリールをかき集め、リビングで音楽DVDをプレイしながらお手入れを...。

201301104990まずはリール外側のホコリを拭いてラインを引っ張り出してチェック。あんまり使ってないリールのラインはいつから替えてないのかも分からない状態ですが、ラインを1.5m程度持っては左右に引っ張って巻きグセを取りながらチェックしたところ、まぁどれもなんとか使えそうな感じで、リーダーも触ってキズがあるものは捨てようと思ったんですが、どれも大丈夫そうなんでラインクリーナーを使いながら巻き込んでいきます(←我ながらセコ過ぎる!)。あ、ちなみにティペットも付いたままになってましたが、さすがにカットして捨てました。ちなみにハーディーの復刻パーフェクトリールに巻き込んでいる唯一のシルクライン(テレンツィオDT3)には赤ミューシリンを塗ってラインワインダーで乾かします。

次はリールのスプールを外して汚れたり固くなったグリスを拭き取って、スプレータイプのグリスを吹き付け、スプールを元に戻して動作確認して完了。リールによってはスプールが簡単に外せないものがあったり、ボールベアリングを使ってたりして注油ポイントが多いものもあって少々面倒ですが面白いですね^^。

201301104987で、この作業、数えてみると13回繰り返してました。...つまり、リール13台分。いつの間にか増殖しているような...、いやいやハーディーのフェザーウェイトリール1台は妻のものやから純粋には12台。ん、あんまり変わらんか()。

その後、数年前にニトリで買った食玩などをディスプレイするケースが年末の掃除で出てきたのを思い出して、そのケースに3インチ以下のリールなら入るんでガチャガチャでゲットしたヤマメやアマゴと一緒にディスプレイしてみました。なかなかいい感じです^^(自己満足)。ちなみに3インチより大径のリールはホコリをかぶらないよう収納ラックに入れて保管。201301104989

ロッドは使用後すぐに水分を拭き取って完全に乾いてから竿袋に入れて吊り下げて保管してますので、いつでも出動OK!

しか~し!このオフは全然フライを巻いてないんで、これから解禁(というか4月ぐらい)までに巻かないと...。あ~、忙しい!^^

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中