元セレッソ大阪ダービーは乾の決勝点でフランクフルトが勝利!

待ちに待った注目の一戦がやってきました!

元セレッソ大阪の乾貴士が所属するアイントラハト・フランクフルトがアウェーで同じく元セレッソ大阪で日本代表のレギュラーをつかみかけている清武弘嗣が所属するニュルンベルクと対戦するということで、今回は朝(深夜?)3時半から起きて観戦しました...。

これまでの3節の成績は2部から昇格したばかりのフランクフルトが乾選手の活躍もあって開幕3連勝でバイエルンに次ぐ2位、ニュルンベルクは清武選手が全ての得点に絡む大活躍(とくに前節は1ゴール2アシストでブンデス全チーム中のMVP!)で2勝1分で6位。

大観衆が詰め掛けた素晴らしい雰囲気のスタジアムで、セレッソで共に戦った仲の良い2人がドイツ・ブンデスリーガで共に主力として対戦する...こんなことは2年前には想像もできませんでした。同じセレッソ大阪からは香川選手がドルトムントで2年連続優勝に貢献して、今シーズンからはイングランドプレミアリーグの世界最高クラブと称されるマンチェスターユナイテッドでルーニーやファンペルシーらスーパースターと共にレギュラーとして頑張ってますし、本当にスゴイことになってきました。

そんなセレッソ大阪出身の3選手の中で我らが乾選手は、ここのところ日本代表に呼ばれていないことから、メディアでの取り扱いが少なく情報はネット中心にならざるを得ない状況が続いてます(悲しい~)。乾選手には、ロンドン五輪でも活躍し日本代表の新星としても大きな注目を集める清武選手のニュルンベルク相手に活躍して、日本代表への復帰を目指す足がかりにしてほしいと願いながら応援します。

前半開始早々はホームのニュルンベルクがガツガツと当たってきたこともあってペースを握ります(フランクフルトは2人も負傷で交代!)が、フランクフルトは乾選手のコーナーキック(ミスキック?)のこぼれ球をホッファーが押し込んで先制に成功!しかし、再三にわたってニュルンベルクも清武選手のコーナーキックやミドルシュート(キーパー触ってポスト)で危ないシーンを作りますが、なんとか踏ん張って前半は0-1とリードで終えます。

後半はフランクフルトお得意の見るものを楽しませるパスサッカーで攻撃し、カウンターから左サイドでパスを受けた乾選手がゆっくりと縦への突破をすると見せかけて相手DF2人のちょうど真ん中を狙って中へ侵入すると、もう1人のDFも細かいステップでかわして振り幅の小さく鋭くカーブするシュート!これがゴール右スミに決まってリードを広げます。

乾選手は2人のDFの真ん中を突破するのが得意で、日本でのラストマッチでも鹿島DF2人のド真ん中を割って入るドリブルからゴールを決めてます。このシーンをニュースで取り上げた解説者が言うには、2人のDFのド真ん中にボールを出すと、一瞬どちらがタックルに行くのか遠慮し合ってしまうんだそうです。乾選手は今回もド真ん中にボールを出したんで、相手DFは一瞬どちらが寄せるのか躊躇してしまって、ただただ乾選手を見送るしかできなかったようです。

しかし、見る人によっては“何もしなかった”相手DFがひどかったからゴールできたなんて本気で思ってるようですが、実際には絶妙な場所に素早くボールを動かされて“何も出来なかった”が正しいんだと思います。乾選手のスゴさが理解されるには日本代表に復帰して活躍し、日本のメディアに多く取り上げてもらうしかなさそうですね。

それにしても相手DFに何もさせない初速の速い流れるようなドリブル突破からの超絶シュート!いや~しびれましたね。大声を出せないんで心の中で「おぉ!おぉ~!っしゃ~~~っ!」って叫んでしまいました^^。ちょうどその頃に、息子の小学校の運動会の弁当を作るために起きてきた妻が一言...「こんな朝早ぉからアホちゃうん?

妻にアホ扱いされようが、乾選手はなにかと不憫なことが多い苦労人で私が応援しなければ!と思ってしまうんですよねぇ...(ネットを検索してると、同じように思ってる乾ファンがちらほらとヒットしますので心強いところです^^)。とにかく乾選手は眠くても見て損のない見る者をわくわくさせるプレイスタイルで、日本人の中では最も私好みのプレーヤーなんです。

試合はその後、清武選手の見事なフリーキックがアシストとなる1点を返されて流れが変わりそうになりますが、その直後、カウンターから乾選手は迷うことなく鋭く低い弾道のミドルシュートを枠内に飛ばします。残念ながらキーパーに弾かれますが、悪い流れを断ち切る効果はあったようで、1-2でフランクフルトが勝利し、開幕4連勝で暫定首位!となりました。いや~素晴らしい!

次節は火曜深夜というか水曜早朝にドルトムント戦です。さすがにこれを見るのは辛いなぁ...。

とにかくニュースで大きく取り上げられるよう、この調子で頑張れ!乾!そして、ぜひともブラジルW杯までに日本代表に定着して、2列目で香川、清武と一緒に3シャドーを形成して魅惑の攻撃を見せてほしいと願ってます。香川を最も活かせるのは乾で、乾を最も活かせるのは香川で、この二人に比べると少し安全思考の強い清武がバランスを取って、1トップには本田が入ってタメを作ったりラストパスを決めてくれたら強くて楽しい日本代表になるんじゃないかと期待してます。今の代表はチャレンジする勇気とアイデアが不足してる気がするのと安全第一のバックパスや横パスが多くて、見ていて少々面白さに欠けるんで...。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中