大増水の石徹白川(峠川キャッチ&リリース区間)

取れなかった夏休み1日分を使っての平日釣行。今シーズンも尺を越えるような魚と出会えてへんし、禁漁期間に入る前に何回も釣りには行けへんし、ここは大物に出会える確率が高い石徹白川(峠川キャッチ&リリース区間)に行くことに...。

しかし、大型台風がもたらした豪雨で途中の川という川はカフェオレ色の大増水!多少の雨なら濁って釣りにならないことのない峠川ですが、今度ばかりはヤバイかも?と思いながら5時30分にイトシロシャーロットタウン駐車場に到着。雨はもう降りそうになかったんですが、橋の上から上流の流れを見るとひどい濁りはありませんが大増水で岸がありません!(苦笑)

同行の“滋賀のフライフィッシャー”たけしさん、現地集合した吉田ロッド吉田さんと一緒にしかたなく2時間近く色々と話しながら水量が減るのを待ちます。7時30分頃にはいくつかのポイントに入れそうになったので、他に釣り人の居ない増水の峠川で釣り始めます。

まずは旅館裏ですが、いつもなら尺岩魚をはじめ多くの魚影が確認できるのですが、流芯脇に数尾の脱走アマゴらしき魚影が確認できるのみ。で、ドライへの反応は渋く、おそらく速くなった流れに負けないように定位するのに精一杯って感じかなと...(釣れない言い訳)。

私はヘタレなんでドライフライでの釣りを早々にあきらめてクロスオーストリッチを結びます。そして、岸際の葦を踏みながら少し上流のポイントに流すと、ピックアップしたクロスオーストリッチを20cm弱ほどの脱走アマゴが食ってました。写真も取らずに即リリースです。

次に橋の上から魚影を確認できたイトシロシャーロットタウンの駐車場の下流側に入ります。大きめの魚影も確認できたのですが、ビーズヘッドクロスオーストリッチをダウンクロスで流して釣れたのは20cmほどの岩魚くん。ここの岩魚はキレイで癒されますね^^。

そして、今度は駐車場前の誰もが狙うプールというかトロ瀬なんですが、今日に限っては荒瀬の脇を狙うって感じです。フェザントテイルニンフを落とすと第1投でまぁまぁサイズの岩魚を釣ることが出来ました。流れが強いので引きも強く感じました。このポイントでは他には15cmほどのチビアマゴを1尾。

あとはキャンプ場前の堰堤下で、ドライは見に来るだけで食わないんで、やっぱりクロスオーストリッチで岩魚を3尾。いずれも20cmほどの小さめサイズで撮影場所を探してるうちに脱走...。

夕方までに帰宅する条件で釣りの許可をもらってたんで、あまり時間の無い中、ダムから差してくるであろう大物を狙って下流にも入ったんですが、アベレージサイズが追ってくるのみで食わず。

で、再びキャンプ場前に入ったところ、幅広の24cmぐらいのアマゴを釣ることが出来ました。流れが強くて引きはサイズ以上に感じました^^。ちなみにフライはやっぱりクロスオーストリッチです。

今回も残念ながら尺を釣ることはできませんでしたが、こんな大増水でも堰堤上のカタ部分といった嫌らしいところでライズする良型のアマゴを見ることができたり、本当に峠川キャッチ&リリース区間は貴重な存在ですね。来シーズンこそは尺を釣りたいところです。

同行のたけしさん、色々と教えていただいた吉田さん、今回は色々とありがとうございました!あっ、ちなみに吉田さんは2年分以上のバックオーダーをかかえておられるらしく、決して遊びに来られたんじゃなくて製作中のロッドの仕上がり具合のテストのようでした。お疲れ様でした!

スライドショーには JavaScript が必要です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中