真夏の里川でアマゴ釣り

熱戦が続いたロンドン五輪はそろそろ終わってしまいますが、日本の暑い夏はまだまだ続きそうですね。

夏といえば標高の高い渓でのイワナ釣りが最高ですが、妻が子供を連れて帰省した午後、あんまり時間も無かったのと単独釣行のため安全な近くの里川へ...。

春のアマゴ釣りを楽しませてもらった里川ですが、こう暑いとカワムツぐらいしか釣れないんじゃないかと思いながらも、せっかく釣りに行ける時間が取れたんで先日購入した麻のシャツジャケットも試してみようと思い切って行ってみました。

渓は予想通りの渇水で春先のジンクリアな流れとは異なり、底石に苔(アカ?)が付着したのか少し茶色っぽい感じでアマゴが居るようには見えません...。

入渓した時間は16時でしたが、まだまだ日差しは強くひじょうに厳しい状況のため、最初からセコ過ぎるフライを使います。12番のエルクヘアカディスを目印代わりにして、そのフックに6.5Xティペットを継ぎ足してフライボックスに1つだけ入っていた18番のアントを結びます。アントパラシュートじゃなくて“アント”で、岩の影になってる部分に潜んでいるであろうアマゴを水面直下に狙います。

すると...、最初に狙ったポイントからいきなりバシャッ!とエルクヘアカディスから30cmほど離れたところで小さく鋭い飛沫が飛ぶのが見え、反射的に合わせると小さなアマゴが飛んできました!いたいた^^。渓の色の影響でしょうか春先とは違って若干背中が茶色っぽい気がしましたが美しいアマゴです。

幸先は良かったものの次のポイントでヒットフライのアントを岩にとられ、しかたなくエルクヘアカディスで1時間ほど釣り上がったんですが...、ま~ったく反応なし!カワムツすら遊んでくれませんでした(はぁ~...orz)。

ところで、麻のシャツジャケットの着心地ですが、織り目が粗いこともあって風が吹くとすっと入ってきてコットンジャケットに比べればかなり涼しいんですが、やっぱり色が濃いので直射日光を浴びると暑く、フライ交換なんかでじっとしてると汗が噴き出します。何度か洗って色が落ちてくればいい感じになるかも...って感じです。

さてさて、次の釣行までにアントを巻いておかないと...。

広告

真夏の里川でアマゴ釣り」への4件のフィードバック

  1. おお!今回は都合が会わず 失礼~
    しかーし この状況で 1尾 GETできましたかぁ~ さすがでございます~
    関係ない話ですが、私はPCが 不調で 本体の中身を全部変更しました~
    すべて Amazon様で ポチッ っと(笑)

  2. まいど~、コメントおおきに。
    いや~、夕方からとはいえ暑くて厳しかったゾ。ドライには出てこぉへんだけなんか?それとも全くおらへんのか?んなこと考えんでいいような渓魚であふれた渓に行きたいですな~(苦笑)。

  3. 滋賀のフライフィッシャー

    こんいちは
    12日は、私は、朝に同じ里川に行ってました
    ほんの30分くらいでしたが、1尾は釣れました
    途中から、スズメバチ(親指大)のに見張られるように
    着いてまわられたので、怖くなって止めました・・・
    おそらくあの辺りに巣があるのではないかと・・・
    そんなんで短時間の釣行でした
    26日は、どうされてますか?
    ロッドの試し振りで、吉田ロッドさんがこちにこられると
    思います、まだ、時間や場所は決めていませんが
    一緒にどうでしょうか?

  4. コメントありがとうございます!明日の朝に釣りに行こうかと思ってたんですが、増水してダメでしょうねぇ(夕方に行くかなぁ...)。
    スズメバチはヤバイですね...。私も気をつけます。
    26日に吉田さんが来られるんですか!誘っていただいてありがとうございます!ムチャクチャ行きたいですっ!が、残念ながら子供会の親子旅行に行くことになってまして...。ブログでのレポを楽しみにしております^^。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中