時計Begin誌のインキピオー(INCIPIO)

メインで使ってる腕時計をオーバーホール中で、先日の釣りで久しぶりにインキピオー(ロレックス旧エクスプローラーIIのレプリカ)を付けて行きました...。

私のインキピオーは、元となったロレックスの旧エクスプローラーIIが異常なまでに高騰する中、本物を鼻で笑いながらガシガシ使える“なんちゃって”時計として2000年頃に「時計ビギン誌」が洒落で企画し、400本限定で確か3万数千円で抽選販売されたものです。

竜頭がねじ込み式で当初は防水機能も多少(5気圧?)はあったと記憶してますが、もう10年以上も前の時計でオーバーホールもしてないんで、今となっては生活防水程度あるかどうかでしょうねぇ...。

ちなみにスペックは、ムーブメントがスイスのETA社製で自動巻、ケースとブレスはステンレススチール製、風防は硬化プラスチック製、GMT機能(2ヶ国の時刻表示が可能なオレンジ色の24時間針は単独で操作可能)、クイックチェンジデイト機能、ハック(秒針停止)機能、竜頭はねじ込み式で解除後に1段引いて上に回すとGMT針の調整で下に回すとデイトチェンジでもう1段引いて回すと時刻調整ができまして、機能的にはよぉ出来てましてパッと見もロレックスに見えるんですが、よ~く見るとマークが王冠じゃないんで笑っちゃいます。

しかし、まぁ“なんちゃって”時計にしては良くできてると思います。が、いや、やっぱり所詮“なんちゃって”時計ですが...(本物と比べるとエッジの処理とかが甘いはずなんで、本物を知ってる人が見ればすぐ分かると思われますf^^;)。

で、久しぶりに使ったんですが、やはりというか当然というか、竜頭を回したときの感じからして確実に油が切れてるようで、このまま使ってると壊れそうです(ヤバイ!)。とはいえ“なんちゃって”時計をオーバーホールに出すのもねぇ...、と一応調べてみると2万円ぐらいかかりそうです(高いなぁ~)。いっそ売っちゃおうかなぁ...、と調べてみるとオークションで中古でも3~4万円で売れてるようです(あらまっ!けっこうな高値!)。

う~ん、オーバーホールに出すか、売ってしまうか?いやいや、やっぱ“なんちゃって”時計やし、このままオーバーホールには出さずに時々サブ時計として壊れるまで使うことにしよう!(...って、なんのこっちゃ)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中