平日の渓は...パラダイス!?

仕事を色々と調整し、なんとか平日に取れた休みにたけしさんを誘って県内某渓流へ行ってみました。 娘を保育園に送って...渓に向かう途中、一足早く渓に入ったたけしさんから新仔アマゴに遊んでもらったとの写メールが届きます。天気も良く、気温も上がりそうで期待できそうな感じです...。

たけしさんと待ち合わせ場所で合流し、昨年放流された稚魚が育ってフライに反応しだしているという本当かどうかアヤシイ情報を元に、9時半頃に本流に入渓するも反応は全く無し!テンポアップして上流へ急ぐと...案の定と言いますか、エサ釣りの先行者様が釣り糸をたらしておられるのが見えました(終わった)。

実は下流から上流へ向かう途中も駐車スペースごとに釣り人らしき車が停まっていて、嫌な予感はしたんですよ...(皆さん、お仕事は?人のことは言えませんが...苦笑)。

そこで、支流へ入ってみようと上流へ大移動です。しか~し、ここにも釣り人らしき車が...。仕方なく、漁協マップを元に未踏の支流を目指したんですが、間違って本流を釣りあがってしまいました(苦笑)。

時間は10時半頃でしたが、幸いなことに当日の1番乗りだったようでポイントごとに反応があり、今シーズン放流されたらしい稚魚が最初にフライにじゃれてきます。

その何回かに1回ぐらいの割合で15cmを超えるアマゴやイワナが遊んでくれました。とくにイワナは今シーズン初だったんで嬉しかったですね^^。

ちなみに本流では、私は最大22cmのアマゴを、たけしさんはロッドのバット付近から曲げてやりとりされてたんで尺でも来た!?と急いで見に行くと、20cmを越えるイワナをキャッチされてました。どうやら本日のロッドは柔らかいグラスの3番ショートロッドということで、存分に引き味を楽しまれたようです^^。

 そうして美しい新緑の渓を夢中で釣りあがって行くと、最初に入ろうとしていた支流まで来てしまったんで、少しだけ支流もやってみると、15cmまでぐらいの小イワナが遊んでくれました。

15時前になって、遅い昼食後は勝手知った支流を2時間ほどやってみたところ、ハッチばんばん、ライズもあちこちで散見する中、20cm前後のアマゴ達が遊んでくれました。

たけしさんはなぜかイワナに好かれたようで、ここでも20cmほどのグッドサイズをキャッチしておられました。

 それにしても1日に5尾以上釣れると覚えてられなくて、よく思い出せないんですが...たぶん15cm以上に限ったとしてもアマゴ5尾以上、イワナ5尾以上、小さいのを入れると少なくとも合わせて15尾以上はキャッチ&リリースしたような気がします(1日5尾で“爆釣”だと思ってるんで、正に大爆釣!)。これにバラシやライズを狙って見切られた賢いのも居ましたので1日中楽しめましたね^^。強いて言えばサイズがもう少しアップするとさらに最高なんですが...(贅沢?)。とはいえ、こんなことは20年近くフライフィッシングを楽しんできましたが、シーズン中1回あるかどうか?って感じですので、とても貴重な1日となりました^^。

ところで、支流で釣れたアマゴ達は、まだサビが残って痩せてたのが気になりました。今年の滋賀は4月に入ってからも湖北や山で雪が降りましたし、山奥の支流に棲む渓魚たちのコンディションは、まだこれから回復していく感じです。次に会うときにはナイスバディになっとかんと激写したげへんで~!と言い聞かせながらリリースしときました...。

さてさて、次はいつ行けるかな?(←今シーズンかなりのハイペースで行かせてもらってますが...家族に感謝!ですな^^)

スライドショーには JavaScript が必要です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中