納得の里川釣行

土曜の夜、「明日、子どもと出掛けるから釣り行っていいよ~」と、妻からありがたいお言葉をいただいて、洗濯物を干し終わった9時に家を出て、今シーズン好調のいつもの里川へ...。

昨日とは打って変わってピーカンで、渓を渡る風が気持ちいい里川には他に釣り人もなく、10時過ぎにいつもより少し下流側から入渓します。

かなりスレてるだろうとティペットを細めの7.5Xにして17番のソラックスダンやコンパラダンで釣り上がります。小さめのカゲロウがちらほらとハッチしてます。春先から好調だった里川ですが、さすがにゴールデンウィークを過ぎて魚は少なくなってるようで、ピチャッとアタックしてくるのは新仔アマゴっぽい状況...。

1時間ぐらい釣り上がってようやく1尾のアマゴがネットに収まってくれました。コンディション上々の21cmの美アマゴです。

さらに1時間ぐらい釣り上がって2尾目をキャッチ。

20cmとやや小振りながらも今日のタックルは吉田ロッド2/3番で、強めの流れのキワで出て流れに乗られたんでスリリングなやりとりを楽しめました^^。

しかもネットに横たわるアマゴは美しい渓が育んだ稀有な美しさで激写したくなる魅力に溢れてますなぁ^^。

そこで、今回初めて水中撮影に挑戦してみました。今シーズンから使用しているパナソニックのルミックスDMC-FT3は、水深12mまでの撮影がOKとは言うものの、実際にデジカメを水中に入れるのは勇気がいるもんで、これまで水中撮影はしてなかったんです...。リリースの際にカメラを水中に構えて、適当にシャッターを押したんですが、まぁまぁうまく撮れたように思います^^。

昼はコンビにのオニギリで簡単に済ませて、午後はさらに上流を探っていきます。小さなポイントからピシャッと出てスレがかりしてしまったのは18cmのアマゴ。

さらに珍しくA級ポイントで22cmのアマゴも出てきてくれて、釣れてしまった新仔アマゴ1尾を合わせると5時間で5尾と、私にとっては爆釣!です。

いや~、それにしても魚はどんどん少なくなってる印象ですが、澄み切った流れが美しい渓を歩くのは気持ち良く、低番手ロッドだったんで20cm前後の魚達でも充分やりとりも楽しめ、大満足の里川釣行となりました^^。さてさて次はいつ行けるかな...?

スライドショーには JavaScript が必要です。

広告

納得の里川釣行」への2件のフィードバック

  1. 何と言う里川ですか?

  2. おくでさん、はじめまして。コメントありがとうございます!
    この里川は、釣れる区間が1kmにも満たない脆弱でちっぽけな川で、私の秘密の渓とでも言いたいところなんですが、私以上に愛情を持って大切にしていらっしゃるアングラーさんが多数いらっしゃいますので名前は伏せさせていただいております。誠に申し訳ございません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中