たけしさんとアマゴ釣り

昨日、年券を購入した場所は釣り人だらけだったんで、春先によく行く某里川へブログで知り合ったたけしさんと行って来ました...。

すでに春から初夏へ季節が移ったと判断して、午前中勝負!?でも餌釣りの方に比べたら遅い8時スタートを目指したんですが、キーの閉じ込みという情けないトラブルがあって、先に入渓してるたけしさんを9時頃から追いかけるべくポイントへ向かいます。

到着後、車を停められてた周辺を探したもののたけしさんを見つけることができず、てっきりずっと上流へ進んでしまわれたと思って、「なんちゅうテンポの速い釣りなんやろ?」と心の中でつぶやきながら釣り始めることに...(しか~し、実は思いのほか下流側から釣り始められたみたいで、私のほうが上流側に入ってしまってました...申し訳ない!)。

朝の渓は暑すぎず寒くもなくベストな状態。しかし、メイフライの目立ったハッチは確認できずに最初のフライを少し迷いましたが、昨日いじめられてるはずなんで冒険はせずに自分にとっての鉄板フライであるソラックスダンを7Xと細めのティペットに結んでスタートです。

お魚さんの反応はというと、A級ポイントは全然ダメでしたが、B以下の竿抜けポイントにフライを浮かべると、けっこうな確率で反応があって、なんとなんと4連続バラシ!(うち1尾はグンッ!と手ごたえ充分やったのに...あぁ、情けない。)

ちなみに本日のロッドは持ってる中でもっとも柔らかい吉田ロッドの2/3番で、フックが少々太いものに巻いたフライを使ってたために、合わせてもしっかりフッキングできていないと判断して、刺さりがいいティムコの109BLに巻いたソラックスダンに交換すると...来ました来ました。ようやく1尾目をキャッチです。小振りですが美しい渓の宝石に見惚れてしまいます^^。

その後、岩盤際のポイントでグッドサイズをキャッチしたんで激写です。フライは茶色のコンパラダンでした。

そして、さらにC級ポイントから小アマゴをキャッチ&リリースしたところで、下流側から釣り上がってくるたけしさんと合流です。

先行を交代して、しばらく後方から見学します。何度か出たようですが、相当にスレてるようで出ても疑いながらのような感じでフッキングに手こずっておられる様子...。太陽も真上に近くなって厳しい状況になってきました...。

その後、ポイントごとに交互に釣り上がったところ、私は1尾バラシた程度でダメでしたが、たけしさんは20cm弱ぐらいのキレイなアマゴをキャッチされてました。

ゆっくりランチを食べてから、数年ぶりに少し上流側へ移動してもう少しアマゴに遊んでもらうことにします。

やっぱりA級ポイントでは無反応でしたが、B級C級ポイントではポツポツ反応があって、15cmほどの小アマゴを2尾キャッチできました。

最後に、午前中やったポイントに戻って少しだけやってみたところ、20cmほどのそこそこサイズが出てきてくれて、なんとなんと!気がつけば6尾ものアマゴをキャッチしてました。これはもう私にとっては爆釣です^^。バラシも5~6尾あったんで、かなり遊んでもらいましたね。いや~、素晴らしい1日でした。渓に感謝!です^^。

ところで、たけしさんと色々とお話しして、音楽はR&Bミュージックがお好みということが分かりましたので、次回は現代R&Bミュージックのルーツであるちょっと古いR&B(ソウル)のレコードを持ってきて移動ソウルカフェを開きますので、レコード聴きながらコーヒータイムも楽しみましょう!是非また行きましょう!^^

スライドショーには JavaScript が必要です。

広告

たけしさんとアマゴ釣り」への2件のフィードバック

  1. 綺麗なアマゴ達ですね!  やっぱりあの渓のアマゴは別嬪さん揃いですね。  

  2. コムさん、コメントありがとうございます!
    渓(底石)の色が関係するんだと思うんですが、別嬪アマゴに遊んでもらって楽しい1日でした^^。美しい渓と美しいアマゴの両方とも貴重ですので、これからも大切にしたいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中