SFドラマ「テラノバ」が終わってしまった...

普段はドラマなんて全然見ないんですが、たまたま知った“テラノバ”というSFドラマ(BS日テレ)にハマってました。

テラノバは、環境破壊が進んだ未来の地球から、偶然見つかった時の裂け目を通って恐竜が栄えた白亜紀に移住するというスティーブン・スピルバーグが総指揮をとった海外SFドラマなんですが、なんと初回だけで制作費が15億円!という大作で、毎回楽しく見てました。

が、しかし、先週の13話が最終回でした...。

テラノバにはジュラシック・パークでリアルにスクリーンを動き回ってた恐竜たちが毎回出てきますので、恐竜好きの息子も楽しく見てましたが、ドラマ自体は恐竜が棲んでた時代を舞台にしてはいるものの恐竜が主役というものではなくて、人間同士の正義と悪の戦いという実にアメリカらしい物語でした。

で、制作費のわりに視聴率が伸びなかったようで、1stシーズンの13話で打ち切りとなってしまいました。う~ん、悲しい。

ちなみに最終回となった13話はアクションあり!どんでん返しあり!泣き所あり!と見所満載かつ伏線貼りまくりで見ごたえ充分、スポンサーさえ見つかれば続編が作られるはずなんで、期待しながら待ちたいところです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中