雪の里川に起こった奇跡...(ちと大げさ?)

日曜の朝、洗濯物を干そうとしていると1通のメールが...。しまじろうさんです。

「10時過ぎから某里川に行くけど来る?」

天気が悪い()予報で、全く行くつもりはなかったんですが、釣友の誘いを断るわけがなく、意外に外には日差しもさして予報が変わったんかな?と思いながら、「行く!」と返事して、大急ぎで準備して乗せてってもらいました...。

到着時刻は前日と同じ11時。ん~、やっぱ昨日より寒い。気温は4度ぐらい。

とりあえず前日のヒットフライである17番のコンパラダンを結んで、しまじろうさんの後から渓へ下ります。水は澄み切ってるものの水量は多く、下手すると流されそうになるし、小さなポイントにフライを流しますが無反応...。

そこで、一旦上がって大きく迂回して上流のポイントへ向かいます。前日にもやったポイントで、そのときは無反応だったんで期待せずに入ったんですが、私が流したコンパラダンの真横30cmぐらいのところでライズが!!!

ん?近いところをメイフライパターンのフライが流れてるのに完全に無視して何かを食べたよね。てことはメイフライを食べたんじゃない。ユスリカ?あかん、ミッジフライボックスは持ってきてへん。

他にシーズン初期にハッチする水生昆虫といえば...クロカワゲラ!となればCDCカディスを結びたくなるところですが、いやいや先日巻いたCDCイエローサリーを試してみよう。うん、よく見えるし、これに出てくれへんかなぁ...と底石の上あたりを流れたときにパシャッ!と派手目のライズ!出た!?しかし、空振り...orz

ん~、やっぱCDCカディスにチェンジやな。と“釣りたいフライ”で釣るのをあっさりあきらめて“釣れるフライ”に変更して、ライズのあった辺りを流すと...思ってたより大きな魚影が浮上してきたかと思うと...吸い込むようにフライに出ました!

グンッ!

ハーディーの7フィート3番パラコナスペシャルが気持ちよく曲がります。おぉっ!ええサイズやん!流れに乗って下流に下ろうとするのをグッとこらえながら少し下流側のたるみに誘導してネットイン!この里川では大きいと言っていいグッドサイズのアマゴです。幅広で男前な23cm。珍しくお腹の辺りに斑点が多いことと、朱点が鮮やかすぎるところがこの里川らしくないような気もしましたが、前日に引き続きわずかに反応があったポイントで釣ることができて、幸先のいいシーズン初期の釣りとなりました^^。

で、撮影中、なんか白いもんが降ってきたなぁ...と思ってたら、雪!です。雪の中での釣りなんて、狂ってた頃に行った2月の長良川以来です。よくこのタフなコンディションで釣れてくれたもんだとアマゴに感謝しながらリリースです。いや~、それにしても大げさかもしれませんが、奇跡のような1尾でした。

釣りに誘ってくれた釣友のしまじろうさんには多大なる感謝を!そして、今度の週末は少なくとも今日より良いコンディションとなるはずなんで、きっと今日以上に良い釣りができるはず!また行きましょう。

スライドショーには JavaScript が必要です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中