半年振りの再会...

妻が子ども達を連れて実家へ帰った週末...。

「土日とも釣りでも何でも自由にどうぞー」と言われたものの、天気は雨模様で気温も低く、日曜の予報は雪マークまで...。まだ土曜のほうがマシだろうと、気温7度の県内某里川へ行ってきました...。

気温からして家でタイイングでもしてるほうが賢明だろうとも思ったんですが、せっかくの自由な週末、短時間でも渓に立ちたい!という思いが強く(←アホですな)、もし濁ってたら昨シーズン良かった渓の年券でも買いに行けばいいやとバヴァーのオイルコートを持って1時間ほどのドライブです。時折強く降る雨をワイパーで払いながら、いくつかの川を渡ったんですが...、いずれもカフェオレ色に濁ってます。

しか~し、ここ10年ぐらいシーズン最初の釣りを迎えている里川は、平水時より10cmほど増水しているもののジンクリアに澄み切ってました^^。とりあえず小雨のパラつく中、ウエーダーを履いて、オイルコートを羽織ります。雨なんでロッドはインプリグネイテッド仕様のポゾの竹竿7フィート#3/4にDT4Fを巻いたフィオリニのマグネティックリールを合わせます。

ホイットレーのドライフライボックスに巻きためたメイフライパターンの中から、12番のランズ・パティキュラをセレクトして5.5Xティペットに結び、いつもの流れを釣り上がります。

が、しかし、ハッチもなく、ぱっと見の風景は冬そのものの渓...、まるで反応がありません。これまで何度も美形アマゴを釣った瀬で、ほんの一度だけ小さな影がフライを見に来たものの、それっきり...。気になるポイントをいくつか試した後、ボウズだけは嫌やなぁ...と未練がましく一度だけ反応があったポイントに再度挑戦です。

ティペットを6.5Xに、フライをコンドルクイルをボディに巻いた17番のコンパラダンに変えてポイントを何度も流します...。しかし、何の反応もありません。1つ上流のポイントにダメ元で一応流してみます...。が、やはり反応はありません。そこで、上流側に立ったまま、下流側の一度だけ反応のあったポイントへダウンクロスでフライ先行で流してみました。すると...

ガバァッ!

と水面に体を踊らせてアマゴがフライをとらえました!くぅ~!これこれ、ロッドを通じて伝わるこの感触ですよ。18cmと小振りながらもヒレのピンと張ったワイルドなスリムビューティーをネットに収めて心の中でガッツポーズです^^。粘ったかいがありました。

まだ餌が少ないのでしょう。お腹はペッチャンコです。次に逢うときまでにはもう少しグラマラスになっといてや~、とリリースして納竿。わずか2時間ほどの釣行でしたが、半年振りにアマゴに出会えて、また1週間がんばって仕事ができそうです^^。次の週末はきっと気温も上昇してメイフライのハッチも期待できるんで、いい釣りができるはず。今度は是非ご一緒しましょう、しまじろうさん!

スライドショーには JavaScript が必要です。

広告

半年振りの再会...」への2件のフィードバック

  1. おおっ~ 厳しい状況の中、流石でございます!
    早く 「春らしい日」が来るのを待つばかりです。 

  2. まいど、コメントおおきにです。
    ほんまに今年は昨年以上に春の訪れが遅いですなぁ...。いい時期は急にやってきて、すぐにどっかに行こうとするんで、多少天気が悪くても気合で釣りに行きましょう!よろしゅう~!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中