釣りたいフライ“ライトケイヒル”&“マーチブラウン”

春のメイフライのハッチする渓で最初に結んでしまうフライはコンパラダンソラックスダンが多くて、なかなか出番が回ってきませんが、スタンダードなドライフライは常にフライボックスには入ってます。

中でも大型のメイフライであるモンカゲロウがハッチするシーンで使いたいのがライトケイヒルマダラカゲロウがハッチしてればマーチブラウン(ドライ)を5Xぐらいの太めのティペットに結んで、ワイドループを描きながらゆったりとした釣りがしてみたいもんです...。

ではライトケイヒルを巻いてみます。

1.バイスにフック(10番)をセットし、スレッドで下巻きしてからテールにレモンウッドダックのファイバーを適量ボディの1.5~2倍程度の長さとなるようスレッドで巻き留め、スレッドをベンドとテールの間に2回ほど回してテールが少し水平方向に広がるようにするのが私の好みです。

2.テールの余分をカットし、スレッドを巻きながらアイから1/3程度まで移動しておき、ウィングにレモンウッドダックのファイバーを適量ボディ長の1.2~1.5倍程度の長さとなるよう先端をアイ側にして巻き留め、ファイバーとシャンクの間にスレッドを回して垂直に起こします。

3.ウィングを上から見てニードルなどを使ってセンターで分け、スレッドを8の字に回してしっかりと2つに分け、ウッドダックの余分は斜めにカットしてスレッドを巻いて切断面を整えながらテール側へ移動しておきます。

4.ボディはスレッドにダビング剤(私の場合はクリーム色のシルクダブ)を寄り付けてテールからウィングを付けた位置近くまで徐々に太くなるように巻き、スレッドをアイ付近まで移動しておきます。

5.ライトジンジャーのコックハックルを1本(グレードが低ければ2本)、ファイバーの長さがゲイプ幅の1.5倍程度のものを選んでファイバーの長さが均一となる部分から巻けるよう余分をむしり取り(ただしスッポ抜け防止のためキワのファイバーはシザースで1mm程度残るようカット)、光沢のある表がテール側を向くよう、先端はアイ側に斜めに巻き留めます。

6.ハックルの余分をカットしてスレッドで巻きながらボディを巻いた部分まで移動してから、ハックルを光沢のある面が常にテール側を向くよう密に巻いていきます。スレッドのある場所まできたらスレッドを回して余分をカットします。

7.最後にスレッドを小刻みに動かしながらアイまで適当な間隔を空けながら移動させて、ハーフヒッチ数回後ヘッドセメントをたらしてスレッドをカットし、ハックル下部をV字となるようカットして完成。

ちなみに巻き方は同じでマテリアルを全体的に茶系にしたものがマーチブラウンとなりますが、使用するマテリアルはバリエーションが色々あって何が正当なのかよくわかりません()。

24YAN流ということであれば、テール:コックデレオン(茶)、ボディ:茶色のシルクダブかR.I.R.のストーク、ウィング:グレーマラード、ハックル:ブラウンコックハックル、でタイイングしてます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中