乾貴士、久しぶりの代表戦は...

2014ブラジルW杯アジア3次予選のウズベキスタン戦に久しぶりに我らが乾貴士(ドイツ2部:ボーフム)が選出され、0-1でリードを許していた後半途中から出場しました。

約30分の残り時間がある中で左サイドに起用されたんですが、なかなかボールが回って来なくて自分から寄っていったり、(いつもの乾らしく)パスミスしたら自陣深くまで責任を持って守備に行くという立ち上がりだったんですが、ザッケローニ監督から左に張っておくよう厳しく注意され、しばらくはボールも回って来ず、たまにボールが来ても連携不足や時差ボケからでしょうか?判断ミスでボールを奪われても(指示どおりに)守備に行かずで大ピンチを招いたり...。

このままでは2度と代表に呼ばれないんじゃないかと心配しだした頃、ようやく前を向いてボールをもらえる場面が出てきて、左右の脚でワンツーするような感じで相手DFを華麗に抜いてサイドを駆け上がったり、香川との連携から大きなチャンスを2度ほど作りました。いや~やっぱ乾がボールを持ったときのワクワク感はたまりませんね。いつもはカクカク止まってしまうネット中継でしかボーフムの試合が見れないんで、この日ばかりは久しぶりにテレビで見れて嬉しかったです^^。

ちなみに、乾が絡まないとチャンスらしいチャンスが全く作れてなかったんで、それなりにはアピールできたように思いますが、ゴールやアシストといった目に見える結果が伴うことなく試合にも負けてしまったんで、正直言うと次に呼ばれるかどうかは厳しいかも...。

乾貴士というフットボーラーは、豊富な運動量でトップ下を中心に左右とポジションチェンジをしながらボールに触ってミスを恐れずにチャレンジする中で調子が出るタイプで、サイドに張っとくような使い方だと持ち味を発揮するのは難しいように思うんですよね~。ウズベキスタン戦に限っては、前半の香川が元気なうちに右サイドで藤本の代わりに先発していれば...と残念でなりません。後半は乾がボールを持っても信頼して前へ走ってくれるのが香川ぐらいしかいなくて、香川へのパスも読まれてましたね...(残念)。

まぁしかし、最終目標はブラジルW杯のピッチに立って活躍することだと思うんで、それまでにまわってくるであろうチャンスを今度は絶対モノにしてほしいもんです。そして、ぜひ本田1トップで3シャドーに乾、香川、清武(または岡崎か宮市)という布陣を試してほしいもんです。

ところで、私がなぜ、2部でプレーしながらゴール数もそれほど多くない数字だけ見れば平凡な乾貴士を追いかけているのか?それは、日本人選手の中で最も見る者をワクワクさせてくれるテクニカルなプレースタイルとピッチ内であふれ出る熱い気持ち(負けん気)、そして、その気持ちがあれば今のところ唯一物足りない決定力をいつか何かのきっかけで掴んでブレイクする時が来るに違いない!(来てほしい!)ので、その瞬間を絶対に見逃したくないんです。頑張れ!乾貴士!

広告

乾貴士、久しぶりの代表戦は...」への2件のフィードバック

  1. こんにちは  滋賀のフライフィッシャーのたけしです
    書き込み有難うございました。
    また、機会がありましたら、釣りに誘ってやって下さい。
    一人で行く事が多いですので・・・

    また、ブログにお邪魔します。

  2. たけしさん、コメントありがとうございます!
    どういうわけかシステムでスパム扱いされてしまって気づくのが遅れました。申し訳ございません。
    是非またお気軽にお越しください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中