釣れるフライ“エルクヘアカディス”

どういう状況であれ、とりあえず結ばれることが多いパイロットフライで、魚からは実はカディスじゃなくてメイフライに見えているという説もありますが、ダウンクロスでわざとドラグをかけたり落ち込みの白泡の中に沈めて誘っても釣れる...そんな不思議な万能フライ“エルクヘアカディス”を今回は巻いてみました(誰もが知ってるフライだけに何を今さら...ですが)。

実を言うと個人的には見た目が美しいと感じないんで、出番はほとんどなかったりしますが、とりあえず私流のエルクヘアカディスを巻いてみます。

1.バイスにフック(今回は12番)をセットしスレッドで下巻きし、ベンド側のシャンクにコックハックル(今回はグリズリー)を光沢のある表面を下向きに巻き留めます。

2.ダビング剤(私の場合はシルクダブ)を少量ずつスレッドに寄り付けながら、取り付けたハックルのベンド側を1~2回巻いてからアイ側からシャンク幅1/4ぐらいの所まで巻きます。

3.ハックルを表が常にベンド側を向いた状態でアイ方向へ最初は間隔を広めに空けながらアイからシャンク幅1/3程度を過ぎたら密に巻いてアイから少し空けた所でスレッドで巻き留めて余分をカットします。

4.ハックルの上側をカットし、アンダーウイングとするCDC(ストークの細いもの)を2枚ストークごと乗せてスレッドで巻き留め、余分をカットして切断面がでこぼこしないようスレッドを巻いて整えます。

5.エルクヘア(ナチュラル)を適量とってスタッカーで先端を整えCDCの上に乗せ、挟んだ指の間にスレッドを通して下から上に引き上げる際に力を入れて巻き留めます。指はそのままで2~3回繰り返しますが、2回目は1回目より少しアイ側で1回目より少し強めに絞るとエルクヘアがフレアしすぎることなく収まります。

6.エルクヘアとフックの間にスレッドを何回か巻いてハーフヒッチ数回し、エルクヘアの余分を少し残してカットし、ハーフヒッチした箇所とエルクヘアを留めた部分のスレッドにヘッドセメントをたらしてからスレッドをカットし、ハックルの下側をV字となるようカットして完成です。

アンダーウイングは無くてもいいんですが、あるほうがCDC部分に空気を抱きますので、水中から見上げた際のきらめきでアピール度がアップする気がして付けてます。

ハックルを巻く密度を変化させる理由は、できるだけカディスに見せたい(メイフライを意識する際はメイフライパターンを使いたいので)ためで、密に巻く部分がカディスの足っぽく見えるかも?と雑誌か何かで書かれているのを見たので…(違ってたらゴメンなさい)。

ちなみにボディをピーコックハール2~3本、アンダーウイングのCDCとハックルを黒に変えて大きめの10番フックぐらいに巻くと、夏場のイワナ釣りに絶大な効果を発揮する“ブラックカディス”となりまして、ここ数年はこちらの出番のほうが多くなってます。 注:ピーコックハールは通常の逆方向に巻いて後から巻くハックルとクロスするようにすると丈夫なフライとなりますよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中