【ドイツ杯】ボーフムVSバイエルン

私が応援し続けている唯一のサッカー選手、乾貴士が所属するブンデスリーガ2部で9位に低迷中のボーフムと、宇佐美が所属する同1部で首位を走るバイエルンのカップ戦が、21日早朝(3時~)行われました。

ゲーム前のネット上では、バイエルンがカップ戦にもかかわらず今年最後の試合ということもあって、フルメンバーでくるらしく(つまり宇佐美は出ない)ボーフムは大量失点で負けるだろうとの予想が多く、その中でも乾選手には1部首位のチーム相手にどこまで出来るか試して、できればキラリと光る何かを魅せてくれれば...という感じでした。

私もリーグ戦のほとんどをネット中継で観戦してますので、ボーフムDFのひどさは分かってまして、チームが負けるのは仕方ないとして、乾選手の個人スキルが1部首位相手にどこまで通用するか、ひじょうに楽しみにしてました...。

しかも、今年最後の試合だったんで絶対に見たかったんですが、3時に起きてネットを見るも中継しているをころが分からず(過去のアドレスを残しておけば...)、何やら普通のネット中継より高画質で見れるS○○とやらで見ることができることが分かり、どないしたらいいか検索して調べつつ、2chの実況スレも気にしつつ、急いでソフトをダウンロード(無料)してインストール...してたら前半終了!orz

前半は、バイエルンの猛攻をボーフムがぎりぎりのところでしのぐ展開で始まったようですが、なんとなんと!大方の予想に反してボーフムが先制点を奪って1-0という嘘みたいな大健闘!しかも、その先制点の起点となったのは我らが乾選手!のようです。リアルタイムで見ることはできなかったものの、すぐにYouTubeにアップされた方がいて見ることができました(感謝!)。

先制点は、右サイドに展開していた乾選手にボールが渡って、乾選手は相手ディフェンスラインを見ながら絶妙なタメをつくってから、裏へ飛び出す味方へノールックでひじょうに素早く小さい振りの右アウトサイドでの矢のようなスルーパス!これが相手DFの間を見事に通って(お~っ!)ダイレクトでセンタリング!(いっけ~!)ニアに走り込んだ選手がDFとキーパーを引きつけたおかげでアウトに走り込んだ選手がフリーでシュート!ゴ~ル!!!きた~っ!

これがボーフム!?というぐらい見事な流れからのゴールでした。素晴らしい。

そして、後半です。後半は無事に見ることができたんですが、バイエルンの攻撃がすごかったですね。とくに左サイドを完全に制圧していたフランス代表のリベリーがえげつなかったですね。ボーフムDF2人がかりでも子ども相手のように簡単に抜いてセンタリングやシュートを狙ってきます。早いし上手い!W杯で見たことある選手では他にオランダ代表のロッベンもいましたが、こちらは少し精細を欠いているように見えました(後半終了間際までは...)。

で、とにかくバイエルンが攻撃する時間が長く、乾選手はトップ下のはずなのに最終ラインまで下がって相手のラストパスをカットするなどディフェンスに奔走してましたね。スペースも消してましたし、ロッベンからボールを奪ったりと、とにかくすごく守備を頑張ってました。しかも!いざボーフムがボールを奪うや相手ゴール前まで必ずといっていいほど全速で走ってました。いや~、すごい運動量です。

攻撃時にはフリーになっていても乾選手までパスを通すスキルのある味方がいないために、あんまりボールが来ないんですが、そんな中だからかこそ余計に感じるのか乾選手がボールを持ったときのワクワク感は半端なくて、中盤でボールをもらって得意の反転からドリブルやパスは相手がバイエルンだけに見ていて嬉しかったですね~。遠目からでも一目でわかる背筋を伸ばした良い姿勢で、タメをつくるための足裏を使ってボールを転がしてからパス!とか、なんだかいちいちカッコ良くて見ていてホントに楽しいんですよ^^。

それから、とくに感心したのが頭一つぐらい大きな相手にピタッと密着マークされながらも倒れることなく重心を低く腰を落としてボールをキープしながら前を向いたりパスをつないだり出来てましたので、これまでたまに代表戦に出ると叩かれたような簡単にボールを奪われるとか軽いプレーというのが無かったし、強豪相手にも臆することなく大胆なプレーができていたように思います。バイエルン相手でも乾選手の技術は十分通用してたんじゃないでしょうか(夏には個人昇格間違いなし!)。

そして、屈強なバイエルンDFが3人ほど密集しているペナルティエリア手前でボールを受け、相手DF2人の間をドリブルですり抜け!(お~っ!普通ゴールまでにDF3人もおったらバックパスするとこを突っ込んで行ったで!)さらに最後の1人の股を抜き!(うぉ~っ!)キーパーと1対1に!?というところで、キーパーが猛ダッシュで飛び出してきてシュートまではいきませんでしたが、このプレーは鳥肌もんでしたね。アナウンサーはメッシの名を出してました^^。

他にも左サイドでボールを受けてペナルティエリアのライン上でDFを1人かわして(お~っ!)ミドルシュート!(うぉ~っ!)はうまくヒットせずにゴール右へ(ありゃ~!)...という見せ場もありました。

後半、バイエルンの猛攻で同点にされ、延長(PK?)かと思われたロスタイムに、やっぱりというかボーフムの右サイドを破られ、センタリングからゴールを決めたのは、これまで精細を欠いていたロッベンでした。最後のチャンスで確実に結果を残すあたりが一流なんでしょうね。やられました。

まぁ、とにかく面白い試合でドキドキハラハラ、乾選手がボールにさわるたびにワクワクさせてもらいました。負けはしましたが時間があっという間に過ぎるほど楽しい試合でしたね。そんな乾選手には感謝!しないといけませんな。

ぜひぜひ体調に気をつかってもらって、コンスタントに良いパフォーマンスを続けて、ザックジャパンに呼ばれるように頑張ってほしいところです。セレッソ時代から比べるとお互いに飛躍的に成長した相棒の香川選手とのグレードアップしたコンビプレーを是非とも代表で見たいですね。最終予選からW杯にかけて選ばれますように...。

※バイエルン戦の乾選手全タッチ集→http://www.youtube.com/watch?v=ak7D89TAVDU

広告

【ドイツ杯】ボーフムVSバイエルン」への1件のフィードバック

  1. いま みたみた・・・
    気分爽快の 「スルーパス」ですね・・・
    短いストロークで 「氷の上をスーッと流れるようなパス」は 圧巻です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中