祝!シトロエンC5ツアラー納車でポアン・ドゥ・ヴュへ...

って、タイトルだけだと私が新車を買ったようですが、ちゃいますちゃいます(苦笑)。

最近は活動が縮小傾向になってしまってる欧州車オーナーズクラブ“ブオン・グスト(Buon Gusto)”のサブリーダーであるちくりんさんが長年大事に乗ってこられたプジョー406から、シトロエンC5ツアラーについ先日乗り換えられたので、 その納車を祝って近江八幡市にあるフランス料理店“ポアン・ドゥ・ヴュ”のランチへ行って来たんです...。

参加メンバーは、ちくりんさんの他、BMWオーナーの臥龍さん家族と私(24YAN)とTen家族の8名です。臥龍さんご家族は、C5にチャイルドシー トを付けさせてもらって、草津から近江八幡までハイドロの乗り心地を家族で体感しながら現地集合です。特別にお店の前に停めさせてもらっての記念撮影。な かなか絵になりますな^^。

さて、“ポアン・ドゥ・ヴュ”さんは近江牛を販売しているカネ吉さんが経営しているフランス料理店で、旨い近江牛を食べさせてくれる近江八幡駅近 くの“ティファニー”さんの姉妹店のようなもんです。このティファニーさん、名前のダサさに思わず引いてしまいそうになりますが、実は最高に旨いんですよ ね~。なので、“ポアン・ドゥ・ヴュ”さんも間違いの無い鉄板フランス料理店と私の中では思ってます。

で、ランチでいただいたのは、大人はAコース(2,500円)、子どもはハンバーグプレート(1,200円)です。

まずは前菜です。大きめのソーセージは柔らかくてジューシーで美味しく、スモークサーモンのサラダも美味しかったんですが、最後に下から出てきた 黄色くて角切りされた謎の野菜(ヤーコンという根菜をサフランとピクルス液で調理したものだったようです)が激マズで萎えてしまいました...(残念)。

続いてサツマイモのポタージュスープ。自然な甘さが美味しくて、なんとか口直しになりました。パンも温かくて美味しく、かなり息子に取られました。

メインは魚料理と肉料理のどちらかで、私は鯛のポアレをセレクト。ちくりんさんと妻は黒毛和牛の赤ワイン煮込みを選んでましたね。で、鯛は香ばしい焼き目と絶妙な塩加減で美味しかったです^^。

デザートはもう少し見た目に工夫が必要な気もしましたが、栗のプリンが濃厚で美味しかったですね~。コーヒーも美味しくいただきました。

ちなみに画像はちくりんさんセレクトの“プロバンスの風”と名付けられたハーブティーです。

食後は外に出てC5ツアラーディティールをチェックさせてもらいました。まず外観デザインがスマートで、白はデザインによっては膨張して見えるもんですが、C5ツアラーは気品を感じさせる美しさですね。素晴らしい!

内装はというと、まずシトロエンらしいのはステアリングのセンターが固定されていて、ハンドルを切っても動かないんですよね~。面白いです。

グラス ルーフは明るくて気持ちよさそうで、革シートも座り心地が良くって快適ですなぁ...。

トランクはそれなりの容量があって、荷物を積む際にはハイドロ車ら しく車高を下げることができるのが面白いところですね。

今度は試乗もお願いしますね、ちくりんさん!

スライドショーには JavaScript が必要です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中