しまじろうさん御一家とクリスマスパーティー

夕方からしまじろうさん御一家とホームパーティー!

私は虹鱒の薫製とメキシコ料理のチラキレスを作ります...。

玄関には11月の終わりぐらいから既に妻の手づくりリースや娘が作ったピンクのツリーが飾ってまして、虹鱒の薫製は数日前に作って冷蔵庫で寝かせてあります。

虹鱒の薫製の作り方ですが、先日釣ってきた5尾の虹鱒のウロコをふいて、ワタを取り頭と尾を落として多めの塩胡椒を擦り込んで、お腹に乾燥タイムを散らしてビニールに入れて一晩冷蔵庫で寝かせます。

翌日、水洗いしてキッチンペーパーに水分を吸収させ、本当はさらに一晩冷蔵庫で乾燥させると良かったんですが、時間もなかったので、燻煙をかけます。ダッチオーブンにアルミホイルを敷いてサクラのチップを置き、最初は強火で煙りが出るのを確認してから網の上に虹鱒を並べ、フタは少し開けた状態にしておきます。

ジュ~っと油が落ちる音がしだしたら火を中火にし、煙が出なくなったら再び強火にし、また中火に戻して...を繰り返して、チップが全て焼けてしまう頃には完成です。虹鱒の薫製は熱を冷まして再び冷蔵庫へ...。

当日は午前中に買い物に行って、午後からはチラキレスの調理開始です。何度かアウトドアで作ったことがあるんですが、その際に使ったキャンベルのトマトスープ缶が無かったんで、カットトマト缶とブイヨンで代用しました。あとタコシェルも無かったんで、トルティーヤチップスのプレーンで代用したんですが、ほぼ同じような味になりました。大人用には、キッチンにあった海外土産のサンバルを加えるとさらに美味しくなって、しまじろう家の皆さんにも大好評でした^^。

ところで、虹鱒の薫製は、部分的に塩加減の差ができてしまったものの、当日ヒレと背骨を取り除いてスライスして皿に並べると、あ~っという間になくなるほどの好評ぶりで、いや~、作ったかいがありました^^。

ちなみに妻は朝から子ども達1人1つずつケーキの飾り付けができるように4つのスポンジを焼いて、午後からは前菜のカルパッチョや炊飯器でパエリアを作ってくれました。

で、子ども達はそれぞれに用意されたスポンジに、生クリームや果物やらお菓子を使って、好きなように飾り付けを楽しんでましたね(実は虹鱒の骨をとって皿に並べる作業に手間取ってよく見てなかったりします…f^^;)。

そして、い~っぱい食べた後は、Wiiパーティーで盛り上がりました^^。しまじろう家の皆さん、また来てくださいね~。

スライドショーには JavaScript が必要です。

広告

しまじろうさん御一家とクリスマスパーティー」への1件のフィードバック

  1. 色々とご馳走様でした。我家の姫は「カルパッチョ」が気に入ったようで、近々に自宅で作ってほしいとのリクエストがありました。
    おおきに~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中