The Glass House / Inside (1971)

またまたインヴィクタスから、1971年の“グラスハウス”のデビュー盤“Inside”を...。

グラスハウスタイ・ハンターという男性ヴォーカルとフリーダ・ペインの妹でシェリー・ペインという女性ヴォーカルが中心となった男女4人の混成ヴォーカル・グループです。

本作A面タイ・ハンターのハイテナーがスウィートな魅力で迫るスロウが2連発で続いてまして、どちらも素晴らしいですね。3曲目に女性ヴォーカルがリードをとるミディアムをはさんで4曲目のスロウはエディ・ホールマンなどが歌ってて人気の“Hey There Lonely Girl”で、タイ・ハンターの甘いヴォーカルと甘さを倍増させるコーラスに思わずグッときますなぁ...(涙々)。

で、実はこのレコードはオリジナルじゃなくて1986年にVividから発売された再発盤でして、A面5曲目に“I Don’t See Me In Your Eyes”という2ndアルバムに収録されてたスロウがボーナス・トラックとして追加されてます。こちらはサウンドは明るめでキャッチーなんですが、ヴォーカルは甘いですねぇ~。なかなか良いです。

そして、B面トップは男女ヴォーカルがスリリングな掛け合いで楽しませてくれるアップナンバーで、続く2曲目はシェリー・ペインが張り切ったヴォーカルでファンキーに聴かせるアップ、3曲目はこれぞノーザン・サウンド!な明るいバックに溌剌としたシェリー・ペインのヴォーカルが最高ですな。4曲目は本作の中で最もファンク度の高い黒いグルーヴが渦巻くファンク・ナンバー、そして、5曲目が本作から最もヒットした“Crumbs Off The Table”で、シェリー・ペインのヴォーカルが存分に楽しめるアップナンバーとなってます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中