釣れるフライ“コンパラダン”

来シーズンに向けてフライをボチボチと巻いてますが、私が使うニンフ“フェザントテイル”“クロスオーストリッチ”ぐらいなんで、次はドライフライ“釣れるフライ”を巻きます...。

最初に巻く“釣れる”ドライフライに選んだのは、早春の釣り上がりで結ぶことが多い“コンパラダン”で、私がよく行く県内の渓ではサイズは18番前後で、ボディカラーはブラウン系とイエロー系の2種類あればOKです。

では、いつもはボディにダビング剤(シルクダブ)を使うことが多いんですが、今回は贅沢なコンドルクイルを使ったバージョンを巻いてみます。

1.バイスにフックをセットしたらスレッドで下巻きし、エルクホックを2本シャンクと同じ長さとなるように取り付けて余分をカットし、2本のエルクホックを開くためにスレッドを8の字に回します。

2.コンドルクイル(ダイドレッド)を1本、フリューがある方を向こう側に太くなりかけの部分がシャンク後端にくるように細い方で取り付けて余分をカットし、スレッドを巻きながらアイ側へ移動しておきます。

3.ウイングには本当はディアヘアを使いますが、小さいサイズのフライですし(単に持ってないだけ?)、エルクヘア(ナチュラル)を適量とりスタッカーで先端を整え、ウイングの長さがシャンクと同じ長さとなるようにエルクヘアを左指で挟んでシャンクのアイから1/3程度の部分に置き、エルクヘアを挟んでいる指の間にスレッドを入れてから下方に回して上方向にゆっくりと引き絞り(※挟んだ指の中でスレッドがエルクヘアを押さえ込めるようにスレッドが動く程度の強さで挟んでおきます!ウエットフライのウイングを取り付ける場合と同様です。)、エルクヘアを挟んだ指はそのままでもう一度同じことを繰り返して固定します。

4.エルクヘアを挟んでいた指を離して、エルクヘアのアイ側付け根部分にスレッドを何度か回し、エルクヘアを垂直に起こしてウイングとします。テール側の余分なエルクヘアは、テール側にいくにつれて細くなるよう斜めにカットしてからスレッドを回して段差がないようにしておきます。

5.スレッドをウイング部に移動しておき、ヘッドセメントを小量ボディに塗ってからコンドルクイルを間を空けないようにウイング部まで巻いて、スレッドで固定し、余分をカットします。

6.スレッドに茶のシルクダブを少量縒り付けてウイングのテール側とアイ側に何度か回してソラックス(胸)を作ったら、アイ付近でハーフヒッチ数回後にヘッドセメントをたらし、スレッドをカットして完成です。

他にもボディにダークブラウンイエローシルクダブを使った通常タイプのコンパラダンを量産しておきました。

今後もしばらくは私自身が実釣で結果を出している“釣れるフライ”を巻いていきますが、ある程度ストックできて余裕が出てきたら“釣りたいフライ”も巻いていきたいと思ってます。春は当分先ですから、この調子なら色々巻ける気がします^^。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中