The Delfonics / La La Means I Love You (1968)

多くのアーティストにカバーされているスウィートソウルの名曲“La La Means I Love You(邦題「ララは愛の言葉」)”を含むデルフォニックスの1968年のデビューアルバムのご紹介です。

まず、リードのウィリアム・ハートの裏声が良いですねぇ~。私好みです。

そして、プロデューサーにトム・ベル、エンジニアはジョー・ターシャフィラデルフィアの凄腕の元、B-1のR&Bチャート2位となったタイトル曲をはじめヒットしたA-1“I’m Sorry”A-2“Break Your Promise”なんかは、“甘く、切なく、やるせない”スウィートソウルのエッセンスが凝縮された名曲ですね。聴いてると夢見心地になって、実に癒されますなぁ~。いや~もぉ、なんだか...たまりません!(苦笑)。

他にバカラック作のポピュラーナンバーなんかも入ってますので、アルバムとしては名盤とまで呼べないにしても、スウィートソウルファンにはたまらない名曲が収録されたマストな1枚!なんですが、オリジナルは高値安定中...よって今のところ安い再発盤しか持ってません...。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中