Chi-Lites / A Lonely Man (1972)

またまた70年代のコーラスグループのご紹介です。

シカゴのスウィートコーラスグループ“シャイ・ライツ”です。

まず、本作A面トップに大ヒットした“Oh Girl”が収録されてまして、一瞬?って感じのカントリー調に驚きますが、甘いですね~胸が締め付けられますね~。

他にもホーンを効かせたアップあり、美メロあり、波や風の音を取り入れた哀愁漂うスロウあり(感涙)で聴き応え十分な名盤です。いや~ホンマに味わい深いアルバムです。(ちなみに思いっくそなカットアウト盤のため安くゲットできました^^。)

ところで、シャイ・ライツは、ただ単に甘いだけではなく、本作B面でマーヴィン・ゲイの名曲“INNER CITY BLUES”を渋くカバーしていることからわかるように、ちょっと硬派なところが特徴でございます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中