Main Ingredient / Rolling Down A Mountainside (1975)

70年代のコーラスグループ全盛期には、様々なタイプのコーラスグループが活躍してまして、今回は少~しポップだったりもする3人組“メイン・イングリーディエント”です。

リード・ヴォーカルのキューバ・グッディングの裏声が少々クセがあると言いますかキレイ過ぎず、ひじょ~に特徴的なんですよね~。なんかイナタイって感じで耳に残ります。

本作にもポップなバックが少し気になる曲が含まれるものの、ビタースウィートな味わいのあるリードと控えめなコーラスが絶妙のハーモニーを聴かせてくれます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中