野洲高校出身Jリーガー

今年は、これまでのセレッソ大阪のMF、川崎フロンターレのMF楠神、J2ジェフ千葉のFW青木に加え、新たに川崎フロンターレにサイドバックの田中雄大、セレッソ大阪にはMFの村田、J2横浜FCにはボランチ荒堀そして京都サンガにはセンターバックの内野が加入し、野洲高校が選手権を制した年のレギュラー11人のうち6人と、控えだった1人を合わせて計7人ものJリーガーが誕生しました...。 

ジェフの青木は今年こそはレギュラー奪取を、川崎の変態ドリブラー楠神は昨シーズンのガンバ戦での途中交代からハットトリックといった得点力を買われてFW登録で ジョーカー的な使われ方が予想され、同川崎に加入した正確なロングフィードを武器とする関西のロベカルと称された田中の出場機会はあるのか、京都の内野は抜群のポジショニングで上背の ある相手にも競り負けない強さがあるDFで、早くも京都でレギュラーに抜擢、抜群の身体能力を備え得点感覚に優れた横浜の荒堀、そして、さきの天皇杯で 大学チームながらガンバDFを切り裂いた快速MFセレッソの村田と、彼らの活躍がひじょうに楽しみなシーズンになりそう です^^。

しかし...、本当はバラバラのチームじゃなくて、成長した彼らを1つのチームで見たいんですけどねぇ...。是非さらなる成長を遂げて、いつの日か日本代表に一人でも多く選ばれてほしいもんです。

ところで、蛇足で未練がましくて何なんですが、選手権優勝時の野洲高校からプロになった誰よりも同大会で活躍して、記者が選ぶ大会MVPにもなった10番平原は、な んでプロを目指さなかったのか...。まぁ体は華奢な感じでしたが、あの足元のテクニックと視野の広さ、そして目が後ろにもついてるかのような360度い やDFの頭上を越す浮き球のパスも得意で、どこへでも正確なパスを通すセンスに何度も興奮させられたのですが...残念で仕方がありません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中