なんちゃって餅つき

例年12月30日に餅をつくんですが、数年前から楽チンな餅つき器を使ってます。まだ倉庫に木臼と杵があるはずですが、親父も歳をとって、私は非力なもんですから機械を使うようになってしまいました...。

もち米を蒸して餅つき器に入れて塩を振ってスイッチを入れると、10分ほどで出来上がりです。

いや~、なんて楽なんでしょう。以前はゼェゼェ言いながら親父と交代しながらついたもんですが...。

で、最初に鏡餅、次の餅は少しだけきな粉とか砂糖醤油に大根おろしを入れたものをつけていただきます。人気があるのは決まっておろしのほうです。つるつると入るので食べすぎに要注意です。

まぁ味は器械のほうが落ちますし、子ども達にはイベント的な感覚で古来からの餅つきを見せてあげたいと思うのですが...いつか助っ人を何人か頼んで交代でやってみたいところです。

どう?しまじろうさん?

広告

なんちゃって餅つき」への2件のフィードバック

  1. 「もちつき」ですね。喜んで参戦いたします。
    小僧のいるときにね~
    姫も小僧も 「もちつき」なんて 学校のイベントでしか見たことがないはずですよ。
    でも、その「電動餅つき機」って なんで 「米が餅」になるのか、仕組みが理解できません。。。。

  2. んじゃ今年の年末は天気が良ければ誘いますよ。12月30日と日は毎年決まってますので、午後に予定入れといてください^^。
    電動は...振動している間に米粒がなめらかになっていって、10分もすれば餅になってます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中