最悪!イブ特番「マイケル・ジャクソン This is It」

地上波初披露となるマイケル・ジャクソンのドキュメンタリー映画「This is It」の放映前に特番があったのですが、はっきり言って最悪...。

日本のテレビってのは、どういうコンセプトで番組を作るんでしょう?

スポンサー命?

お茶の間の興味を引く、というか「お茶の間のレベル」に合わせることが絶対となってるかのような番組作りには正直ガッカリです。

マイケルはどんな思いで曲を作っていたのか?

「This is It」ツアーでマイケルが伝えたかったことは?

そこが完全に抜け落ちてました。これなら以前放送された「SMAP×SMAP」でのマイケル特番のほうが、生死をさまよったペプシCM撮影での頭部の大ヤケド(これが原因で最後まで整形を繰り返したり消えない痛みと闘うことに)、皮膚が白くなる尋常性白斑という難病(スリラーの頃から悪化)のため皮膚がんから守るために顔を隠すようになった...などの部分が抜けてはいましたが、昨晩の特番に比べれば100倍良かったですね。なにより大切なマイケルの意思を中居くんはじめメンバーが、多くの人に伝えていかなければならないと語ってたと思います。そう、「This is It」を見た人は、マイケルの意思を受け止め、小さなことからでも実践していかなければ!そう思うんですよ。

マイケルが伝えたかったことは映画の中で確認できます。リハーサルの打ち上げでスタッフが手をつないで輪になったときに、マイケルがスタッフに語りかけます。それは、「世界に愛を取り戻すこと」、「環境破壊をストップさせて地球を守ること」の2つです。

マイケルが素晴らしいのは、過去に誰も見たことのないエンターテインメントでファンを楽しませつつ、重要なメッセージを同時に伝えようとしたことです。ツアーのラスト曲は「Man in the Mirror」なんですよ!その歌詞の大筋は、

世の中をより良い場所にするためには、鏡に映る男(自分)から変えなくちゃ!誰かがやってくれる、じゃなくてまず自分から始めなきゃ!」です。

せっかく特番を企画するなら、この最も大切なマイケルの残したメッセージにスポットを当てて、環境破壊の現状とか戦争や内戦下で苦しむ子どもたちを取り上げたり、残された私達に何ができるのか?それを真剣に考える「マイケルの意思を多くの視聴者に伝える」番組として、マイケルが果たせなかったことを視聴者に呼びかけ実践するきっかけとなる番組にできなかったんでしょうか?

言い換えれば「お茶の間のレベルに合わせた番組」ではなくて、「お茶の間の普通の我々をマイケルの意思を継ぐ者へと高める番組」にできるチャンスだったと思うんですが...本当にガッカリです。

そんな最悪なバラエティ番組でしたが、ツアーに出演するはずでリハーサルを重ねていたダンサー達が集結してダンスを披露したコーナーがありました。これだけは良かったですね。というか映画放送までの前座として、このダンスだけ放送すれば良かったのに!マジでそう思いましたね。

以下は特番で取り上げられたことに対する蛇足ですが、幼い頃からスターとなったゆえに一般人とは異なってしまった金銭感覚なんか、はっきり言ってマイケルがこれまで行ってきた愛に満ちた行動の前では些細なことにも関わらず、マスコミは面白おかしく伝えマイケルを傷つけ続けます。

そもそもアフロ・アメリカンが史上最高のエンターテイナーとなって稼ぎまくっていることを快く思わない白人マスコミたちは、些細なことでも、いや何もなくても捏造してまで定期的にマイケルをおとしめることに熱中し、日本のマスコミは海外の低俗な三流誌が書いた記事をワイドショーで好奇の目で取り上げてきました。悲しいことですがマイケルが憎んだ差別は今なお残っていると言わざるをえません。

そして、今ではマイケルにまつわる多くのゴシップが否定されているにも関わらず、日本のマスコミは謝罪がないですね。未だに「マイケルは白人になりたくて皮膚を脱色した」とか本気で思ってる人がいる責任はとてつもなく重い、そう思いませんか?マイケルはアフロ・アメリカンであることに誇りを持っていただけに、本当に辛かったはずです。

かろうじてマイケルの慈善事業として寄付金の額をクローズアップして取り上げてましたが、「そんなもんぎょうさん稼いでるんやから...」と視聴者が受け取ればそれまで。そうじゃなくて、マイケルがスゴイのは、実際にツアー先で忙しい中でも難病に苦しむ小児病棟の子ども達を訪ねていたことだと思うんですよ。お金ポンと渡して終わり、じゃないところをもっと取り上げてほしかったですね。

ところで、せっかくの地上波初登場の映画は曲の途中でも全く関係なくCMがばんばん入って、CM明けはかなり戻したところから始まるという、これまた最悪な放送でした。スポンサーは神様!ってか?(

映画を見て少しでも良かったと思った方は、ぜひDVD買ってじっくり鑑賞されることをオススメします。ぜひ!

広告

最悪!イブ特番「マイケル・ジャクソン This is It」」への2件のフィードバック

  1. 私も 後半戦 視ましたよ。ただ 映画の内容をそのまま見たかったのですが、なんか おかしい・・・と思っていました。CMがやたらと多くて、確かに ん また?ここで?って 感じ・・・

  2. 曲の途中で切るって、斬新というかなんというか...ありえへんよね。
    放送に関わった人たちって、あんな放送して仕事に誇り持てるんやろか?
    マイケルやファンに申し訳ないって気にならんのやろか?
    人としての良心ってもんは誰にでもあると思いたいけど...あの放送にはホンマに悲しくなりましたわ(涙)。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中