2010 Billboard年間チャートに想うこと

ビルボード年間チャートが発表されましたね。

1995年ぐらいからHOT100(ポップス)シングルの年間チャートからR&B系のヒットを上位から20曲ぐらいセレクトして、毎年1枚のCDにして楽しむことにしてますが、今年ほど苦労した年はなかった気がします。

これまではR&Bヒットがそのままポップチャートでも上位にとリンクすることが多かったのですが、エレクトロサウンドの流行とともに徐々にアフロアメリカン系のアーティストが“良い曲を作る?”ということを追い求める余りでしょうか、魂(ソウル)をどこかに置いてっちゃったような曲が増えてきている気がします。

クロスオーバーという言葉を使うとなんかカッコいいのですが、要はR&Bアーティストのポップ化が進行した1年だったので、個人的には年間ポップチャートがひじょうにつまらないものとなりました。

ベスト10は、こんな風になったわけですが、まともなR&B曲はアッシャー(とエミネム)ぐらいで、あとはアフロアメリカン系にも関わらずニーヨのポップテイストだけを抜き出したような、ポップシンガーとしか言いようがない新人が入ってるぐらいの寂しいことになりました。

1 TIK TOK / Ke$ha
2 NEED YOU NOW / Lady Antebellum
3 HEY, SOUL SISTER / Train
4 CALIFORNIA GURLS / Katy Perry Featuring Snoop Dogg
5 OMG / Usher Featuring will.i.am
6 AIRPLANES / B.o.B Featuring Hayley Williams
7 LOVE THE WAY YOU LIE / Eminem Featuring Rihanna
8 BAD ROMANCE / Lady Gaga
9 DYNAMITE / Taio Cruz
10 BREAK YOUR HEART / Taio Cruz Featuring Ludacris

以前はR&Bヒットがポップヒットを牽引した時代だったと思うんですよ。ポップに媚びることなく普通にメアリー・J・ブライジがコテコテのヒップ・ホップ・ソウル(R&B)を歌っても、それがそのままポップでも売れてたんですよ。それがどうですか、みんなとまでは言わないまでもリズムの弱いメロディアスなポップばっかり歌って...。

私が音楽に求めるものは、聞き流そうにも聞き流すことが出来ない“グッとくる歌”です。それが私にとってのR&Bミュージックなんです。“グッとくるというのは、例えばゴスペル鍛え上げの歌えるシンガーであれば、ミディアムやスロウナンバーの後半ブリッジ部分で押さえきれない感情をさらけ出す瞬間だったり、ゴスペル系ではなくても感情入りまくりの泣きのバラードなどでどうしようもなく切なくなる瞬間だったり、アップナンバーでは聴いてると思わず腰や首を動かさずにはいられないサウンドだったり...。

もちろんR&Bミュージックそのものに元気がなくなってるということではなく(そう思いたい)、これまでは絶大な人気を誇ったR&Bミュージックの求心力というものが、ポップフィールドで下がってしまったんだと思います。う~ん、悲しい...。

R&Bミュージックがアメリカのポップスとして元気な頃は、日本のポップスもその影響を受けてR&Bテイストがこれでもかと降りかけられてたんですけどねぇ~(スピードとか初期の宇多田とか...)。

来年こそはポップチャートで売れる曲を歌うんじゃなくて、R&Bチャートで売れてる曲がポップスとしても売れて多くの人に聴かれるようなR&Bサウンドの変革に期待したいところです。

1992年頃(Mary J. Blige“Real Love”など)に誕生したヒップ・ホップとR&Bを融合させたヒップ・ホップ・ソウルは、とくに2000年頃からはポップスとしても10年近くチャートの上位を占めてきましたが、さすがにポップスとして聴くには新鮮さが薄れて勢いがなくなってきました。今こそ過去にR&B(というかアフロ・アメリカン)が作り出してポップスに影響を与えたような音楽の大きな流行、60年代のモータウン(ノーザン)サウンドサザン・ソウル、70年代のファンクニュー・ソウルフィリー・ソウルスウィート・ソウル80年代のブラック・コンテンポラリーヒップ・ホップ、90年前後のニュー・ジャック・スウィンググランド・ビートハウス、そしてニュー・ジャック以降のヒップ・ホップソウル...と、その言葉を聞くだけで曲が思い浮かぶような2010年代の新しいサウンドの誕生に期待したいところです。

あっ、蛇足ですがコーラスグループの復権にも期待したいところですが...これは無理っぽいか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中