DONNA ALLEN / Perfect Timing (1986)

珍しく女性ヴォーカルです。

1980年代はブラコンの時代と呼ばれますが、この“ドナ・アレン”の“Perfect Timing”は1986年のデビュー作で、80年代後半から吹き荒れるニュー・ジャック・スウィング旋風前夜のサウンドを聴くことができます。

この1986年あたりって微妙な年なんですよね。サウンド面ではバンドが衰退してシンセや打ち込みが主体となっていき、メディアはレコードからCDへと移り変わりつつある...そんな時代です。私がレコードを買う基準としているギリギリの年とも言えます。80年代も後半となれば最初からCDを作るようになりますから、それをあえてレコードを買って聴くことはないですよね。

さて、本作A面トップはR&Bチャートでヒットしたダンスファンに人気の高い“Serious”です。ハードな打ち込み音がドンシャリと少々耳障りに感じますが、80年代に入って大所帯バンドで真っ先にリストラされたと思われるホーンセクションがここぞとばかりに生き生きと暴れまわり、さらにクールなヴォコーダーヴォイスを入れたり!初期のラップ!まで取り入れた相当に楽しめる意欲作となってます。こういう曲は絶対に“クラブ”ではなく、今は亡き懐かしの“ディスコ”!など、きらびやかなダンスフロアで映える1曲で、あぁ、踊らずにはいられません!(苦笑)

2曲目の“Sweet Somebody”もホーンセクションが頑張るサビがキャッチーなアップナンバーで首や腰が動き出さずにはいられません!その勢いは3曲目“Satisfied”に続きます。それにしてもドナのヴォーカルは熱くて強い!

A面ラストのスロウナンバーはいわゆるブラコンサウンドなんですが、ドナの熱いヴォーカルをじっくり楽しめるスロウナンバーとなっています。サックスソロもお洒落に華を添えます。

B面トップ“Wild Nights”はサックスのブロウを合図にシンセや打ち込みが加わって、正にこの時代の音(=打ち込み+サックスなどの生楽器)に乗る力強いヴォーカルがたまりません。

2曲目のミディアムナンバー“Perfect Timing”は、これまた歌えるシンガー“ハワード・ジョンソン”とのデュエットでじっくり聴かせ、3曲目以降は再び時代を感じさせるダンスナンバーが続きます。

さて、ドナ・アレンはパンチの効いた力強いヴォーカルを聴かせてくれるなかなかのシンガーでしたが、このアルバムの後にもう1枚いいアルバムを残して消えてしまいました...(残念!)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中