ひろぽんさんちと秋キャンプ(リバーランズ角川)

そろそろキャンプ行かへんの?

昨年、しまじろうさんちと秋キャンプを楽しんだ...かに思えた帰り道で妻から発せられた言葉は、「もぉ行かへん、キャンプなんて何が楽しいの?寒くて死ぬかと思ったわ!」...で、子どもの前で何を言いだすねん!と大喧嘩になった1年前に思ったのは、あ~もう家族でキャンプに行くことは無いやろな~...男チームで行ければいいかな~...と思っていたところに、なんと!奥さまから「そろそろキャンプ行かへんの?」という耳を疑うお言葉...。

妻の気が変わらないうちにと早速、ひろぽんさんちと日程を調整し、再び1泊でもゆっくりできるリバーランズ角川さんへ行くことに...(人間の記憶というのは時間が経つと薄れるものなんですかね~^^)。

ところで、ウチの子ども達は公園などにあるハンモックが大好きで取り合うように遊ぶということと、ビーパル10月号の「キャンプ道具の一流品BEST100」でも取り上げられていたバイヤーバルバドスハンモックが前々から気になっていたので、今回のキャンプ前にポチッとしちゃいました~。

決して安くはない買い物なので、色々とネットで探すと山渓さんが定価14,200円のところを10,200円と安くてカラーは少し迷ってオレンジ系の「サンセット」を、そして、ちょうどいい木が2本無い場合でも1本あれば設置できるハンモックスタンドも定価9,765円が7,800円と安かったので合わせてポチッといっちゃいました。さらに本体だけでは設置できないので、スマートロープを一応2本、こちらはイクシスさんで3,570円が1,880円と断然安かったのでラッキーでした。

みんなが喜ぶだろうと買ったハンモックですが、ウチに届くや「なんちゅう色なん!」と妻や子どもから非難ごうごう!みんな網の目のようなハンモックを想像してたようで、ヒッピー調?の派手なストライプがお気に召さなかったようです。自分的には緑の中で映えてアクセントカラーとしてオレンジは最高だと思ったんですけどね~。子どもには仮面ライダーオーズの主人公がヒッピー風の設定で、派手なカラーの衣装を着ていることを持ち出して、オーズに変身しはる人みたいな色でカッコええがな、となんとか説得...(やれやれ)。

で、リバーランズ角川の管理人さんにハンモックに適したサイトを事前に「草地サイト」と聞いていたので、9時のオープンの一番乗りを目指して、ひろぽんさんちと一緒に出発!

しか~し、途中でウチの子のトイレ休憩(「ウンチ出る~!」おいおい…)をはさんだりして到着が9時30分頃になってしまいましたが、幸い釣りのお客さんのみでキャンプにはかろうじて一番乗りで無事「草地サイト」を選ぶことができました(ほっ)。

まずはハンモックの設置です。スマートロープを木に「もやい結び」で取り付けて、片側はハンモックスタンドを使うために極太のペグをスノピの安いほうのペグハンマーで打ち込んでセットし、ロープの長さを調整して...完成!子ども達の嬉しそうな顔を見ると癒されます^^。ちなみに、ひろぽんさんちはIKEAのハンモックを2本の木に設置され、子ども達がブランコのように激しくゆらして楽しそうでした(ウチのは片側がスタンドなんで激しくゆらすと少々危険です...)。

子ども達をハンモックで遊ばせてる間に、ひろぽんさんちはヘキサタープ、ウチはリビングメッシュエッグを、そしてお互いにアメニティドームを設営します。ひろぽんさんちはアメドの入り口をポールで跳ね上げ、ウチはエッグとアメドをドッキングして完了です。だいぶ早く設営できるようになった気がします。いや~、それにしてもリバーランズ角川さんはサイトを広々使えるところが最高ですね。お互いのキッチンスペースや焚き火スペースなど、余裕で理想のレイアウトとなりました。

設営終了後は、ランチの準備です。コールマンのツーバーナーをポンピングしてから15年ぐらい使って古くなったスノピのフォールディングテーブルに乗せ、ダッチオーブン(12inch)1つでパスタ を作ります。ちなみにメインテーブルにはユニフレームのUFテーブル90(高さが変えられるギミックが気に入って)を使ってます。

さて、パスタですが今回は鍋1つで作るところがミソで、まずニンニクと唐辛子を多めのオリーブオイルで炒めてアサリを投入してフタをし、アサリが口を空けたら一旦取り出してキャンベルのトマトスープ缶にカットトマト缶と水1リットルを入れ、沸騰したら2つに折ったディチェコのスパゲティーニを500gパラパラと固まらないように入れてしばらくかき混ぜ、その後数分間フタをします。固さを確かめながらアルデンテの少し手前で火を止めてアサリを再び投入してひと混ぜしてボンゴレロッソの完成です。皿にレタスを敷いてパスタを盛り付けて家から摘んできた生バジルを散らして大人用には黒胡椒をふりかけて仕上げます。

そして、ひろぽんさんちはジャガイモのピザ風オニオンスープ、さらに薫製用にとタレに漬け込んだ鶏肉を予定を変更して焼き鳥に!どれも美味しくいただきましたが、なかでも焼き鳥がバカ旨でしたね~。

食後はハロウィーンも近いということで、丸ごとカボチャプリンを作ります。種を取って持ってきたカボチャに、卵4個と卵黄2個と砂糖100gと牛乳を混ぜて流し込んで、ダッチオーブンに底網を敷き、網がつかる程度に水を入れてフタをして蒸します。プリンが固まるまで、私もハンモックの心地良さを体感したりして待ちます。くぅ~、ハンモック最高!

しか~し、子ども達がニジマス釣りをやりたいとうるさいので、プリンの完成は妻に任せ、竿を1本借りて餌釣り開始です。バイオイクラを餌に池に振り込むと、ほどなく玉浮きにアタリが出ますが、みんな合わせるタイミングに苦労してましたね。後でわかったのですが、川から入ってきた小さなカワムツでしょうか?餌取りの小魚がたくさんいて、餌をつっついて邪魔してるようでした。

それでも息子は先日も玉浮きを使って裏の川でブルーギル釣りまくってたことと、たまたまニジマスがグイッと浮きを持って行ってくれたので1投で釣り上げて得意気です。そして問題はウチの娘です。

娘は竿を一人で支えることもできないので、振込みと合わせまで一緒にして、かかったところで「頑張れ~」と手を離して撮影しようと娘から離れたところ、なんと!グイグイ引っ張られる感覚が恐かったのか、あろうことか竿をポイッ!と離してしまいました!。こらこら(苦笑)。フックには返しがついてますので、バレることなく私が交代して取り込みましたが、どうも娘は釣りたい釣りたいとねだるクセに魚がかかると恐いみたいです。そんなこんなで4人の子ども達を2回りして8尾のニジマスと2尾のカワムツを子ども達で釣りました。

釣れたニジマスは1尾200円で買い取りなのですが、ここでは驚くべきことに管理人さんがさばいて串に刺して塩まで振っていただけるので、スゴクありがたいです。しかも取りに行くまでの間は冷蔵庫で保管しておいていただけます。

釣りからサイトに戻ると丸ごとカボチャプリンが完成してました。実はカボチャが大きすぎてプリン部分の量が少なかったので、ついつい牛乳を足してしまったためになかなか固まらず長時間蒸したため、取り出すときに割れてしまって今にも崩れそうな危険な状態でしたが、ナイフで目と口を作ってそれらしく...(鼻を忘れてることには後で気付きましたf^^;)。

夜は牛もも塊肉のビーフシチューを作ります。スライスしたニンニクをオリーブオイルで炒めて塊肉の表面を焼きつつ、空いたスペースにタマネギ1個分のみじん切りをバターで炒め、適当にカットしたニンジン3本分とくし切りにしたタマネギ2個分を入れ、トマト缶1缶、トマトジュース1缶、赤ワイン3/4本にブイヨン2個とローリエ3枚を入れて1時間ほど煮込みます。

その間にランタンの準備です。ポンピングしてから破れてたマントルを交換して、スノピのパイルドライバーにセットして夜に備えます。さらに妻にニジマスを取ってきてもらって...気がつけば炭火で美味しそうに焼き上がってました。

子ども達はというと、広場でサッカーしたりしていたのですが、よく見ると...ん?なんか人数が増えてます。しかもサッカーしてサイトに戻ってくると普通に名前で呼び合いながらハンモックで遊んだりしてます。子どもってすぐ友だちになれるんですね~。一人は番長タイプの小学1年生で通称「番長君」、もう一人は何かしゃべった後に決まって「な~んてね」を付ける通称「な~んてね君」(笑)。まぁ、ほんとに全ての語尾に「な~んてね」が付くので、妙に頭に残っておかしいのなんのって...。

そうしている間にシチューがいい感じになってきましたので、フタをとってさらにデミグラスソース1缶とシチューのルーも割り入れて混ぜながらしばらく煮ていきます。ニジマスの塩焼きを食べながらスローな時間が流れていきます...。

カボチャプリンはデザートにと思っていたのですが、子ども達が食べたい食べたいと言うので、カットしてテーブルへ...。息子も娘もいっぱい食べてくれました^^。

ひろぽんさんちは夕食に生ハムサラダジャンバラヤを作っていただきました。ジャンバラヤは失敗したと妙に気にされてましたが、実はジャンバラヤを食べるのは私は初めてで、どこが失敗なのかよくわからず美味しくいただきました^^。

ビーフシチューは肉を取り出してナイフでカットして皿に取り分けます。気前よく肉を配ってしまったので、お代わりしたシチューはニンジンしか具のないものになってしまいましたf^^;。

日が落ちると急激に寒くなって、吐く息も白くなるほどですが、昨年の教訓があって、みんな上着を着込んで寒さに備えます(寒がりの妻はカイロも貼ってたようです)。食後は子ども達を寝かせて焚き火タイム...といきたかったのですが、お母さん達は子どもを寝かせるとそのまま寝てしまって、ひろぽんさんと二人での焚き火トークとなりました。私は、ひろぽんさん作の生ハムサラダ(生ハムのチーズ巻きも)を肴に赤ワインをちびちびやって実は酔っ払ってたので何を話していたのかさっぱり覚えてなかったりします...(苦笑)。焚き火用の薪は2束(@800円)買ったのですが、明日の朝の分を残してキリのいいところで就寝です。遠くで鹿の鳴く声が聞こえてきます...。

翌朝、4時頃に娘が「オシッコ」と起き出して、妻も私もついでにトイレに行ったのですが、暗~いキャンプ場だけに空に輝く星がとてもキレイでした。オリオン座と北斗七星しかわかりませんでしたが...。

そして、朝、6時頃に起きてまずは焚き火です。暖まるだけではもったいないので、サツマイモを濡れ新聞で包んでからアルミホイルにくるんで火に入れます。朝から焼き芋です。

そして、子ども達にはホットミルクを、大人用にポーレックスのミルで豆を挽いてカフェオレを淹れます。息子は豆を挽くのを面白がって手伝ってくれました(珍しぃ~)。

さらに焚き火の火がまだ残ってたので、網でウィンナーを焼いてパンにはさんでホットドッグを作ります。先日のガーデンBBQでしまじろうさんが作ってくれたのが美味しかったのでマネしてみました。

ひろぽんさんはスノピのトラメジーノブルーベリージャムとチーズのホットサンドを作ってくれたのですが、とても美味しくて子ども達にも大好評でした。

ところで、今日も昨日遊びに来てた「番長君」と「な~んてね君」が、朝の6時過ぎからけっこう大胆に我々のサイト内を探検しに来たのにはビックリしました(苦笑)。

それから、網を持って娘と場内の小川へ魚を捕りに行ったところ、ひろぽんさんちの弟くんもついてきて、二人で頑張ってましたね。すばしっこくて捕まえるのは大人でも難しかったのですが、弟くんは根性で1匹捕まえてました。スゴイね!

昼、今度は私がバウルーでチョコバナナホットサンドを作ります。あとはシチューの残りを温めなおして、持ってきたフランスパンを切って並べたり、オリーブオイルにクレイジーソルトを振ったものを添えて、パンを浸して食べたり...。

食後は、ひろぽんさんちのお兄ちゃんとウチの息子が木登りに目覚めたようで、最初はおっかなびっくりでしたが、頑張って登ってましたね。

今回は、フライタックルを持って来なかったこともあって、の~んびり子ども達とキャンプを楽しむことができました。2日ともよく晴れて撤収もスムーズにいきましたし、夜の寒さ対策もバッチリだったので、帰りの車中で「また行こう!」ということになりました。あぁ~、良かった^^。でも...でも...あ~、やっぱフライフィッシングができる池があるのにタックルを持参しないなんて...次回は一応忍ばせていこうかな(爆)。

最後に、ご一緒していただいたひろぽんさん、奥さん、Rくん、Kくん、ありがとうございました。また行きましょう!今度は5月ぐらい...かな?

スライドショーには JavaScript が必要です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中