乾貴士、代表初先発

先日のサッカー日本代表のグアテマラ戦で、セレッソ大阪躍進の原動力となっている乾貴士が初先発!

1点目の森本のゴールに至る流れの美しかったこと!香川とのワンツーから長友を走らせる鋭いパスを出したのは乾でした。

しか~し、残念ながらニュースでは長友のセンタリングから森本のゴールまでしか映されないと思います。

そして、乾はセレッソで魅せているお洒落プレーを連発するも周りが感じてくれず、唯一感じてくれる香川との間になぜか2人の関係を邪魔するかのよう に(笑)本田が入ってくるために距離が遠くなりすぎて、セレッソ時代のゴールデンコンビをほとんど見ることができませんでした。ん~、残念!

そして誰もがアピールしたい気持ちが出すぎている中で、乾は遠慮してか自分で打たずにスルーパスを狙ってましたね。本田への「おぉっ!」と沸かせる決定的なパスも通してましたが、自分でもっと打てば良かったのにねぇ...まぁそれが乾だからしょうがないですね。

あとゴールエリア付近での一般的に見ると軽くて雑に見えるプレーでボールを失うことが多々あったわけですが、それは一発を狙ってのことというか乾の仕様(野洲高校時代からの)なので私はボールを取られるたびに「あほ~!」とか「なんでやねん!」とけなしながらも楽しんでます。

なぜ楽しめるかというと、それは通れば1点もののチャレンジなわけですし、周りと連携が深まれば成功率も高まりますから...。とはいえクラブ チームと違って代表は連携を深める時間が少ないので、短時間で連携を深める術を学ばなければ現状のままでは乾は代表では活躍できない気がします。もっとも 香川だけでなく家長や清武とセットで代表に選ばれればいいんでしょうけど...。

ちなみに野洲高校やセレッソ大阪では、乾のようなドリブラーがリスクを冒してチャレンジすることが仕様となっていて、周りの選手がボールを奪われ ることを想定の範囲としてサポートすることが徹底されてますので、すぐに取り返してくれたりしますが、代表にはそんな約束事があるはずもなく乾が奪われて 即ピンチになってしまって世間の印象は相当悪くなってしまったと思います。あぁ、悲しい...。

ともかくブラジルW杯まで時間があるんで、もっかい1から積み上げる気持ちで代表目指してセレッソで頑張ってほしいもんです。

あと髪は...切るべし!

で、後半から乾は替えられてしまうわけですが、途端にゲームがつまらないものに...。乾のようにゴール前でチャレンジする選手は他にいませんし ね~。徐々に運動量も落ちてディフェンスきたらバックパスてのが増えていきました。さらに香川も交代してしまうと単なるアピール合戦のような内容となって しまって、連携もなく動きもなく私にとっては全く面白くないゲームになってしまいました。

これからザッケローニ監督がどんな日本代表を作っていくのか、堅守速攻なら次も乾を選んでほしいところですが、どうでしょうねぇ...。まぁ楽しみにしておきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中