プチセレブなキャンプ...?(グリーンウッド関ヶ原)

これまで何度か1泊キャンプをしてきましたが、多くのキャンプ場はチェックインが14時頃でチェックアウトが翌日の11時とかで、24時間ないところがほとんどです。(リバーランズ角川さんは唯一のんびりできていいのですが、簡易トイレが女性陣には不評...。)その限られた時間の中でタープ(うちの場合はエッグ)を張って、テントを張って、料理を作って...翌日はテントやタープの水滴をはらって、たたんで...という時間がけっこうな割合を占めて、子ども達と遊ぶ時間が意外に少ない!というところが奥さま方から指摘されてました。

とはいえテントを張ったりするのは男に言わせればそれがすでに遊びであって、楽しいんですけどね~(ときには一生懸命になりすぎて怖がられることも!すんませんm__m)。この楽しみは上の子はそろそろわかってくれそうなので、手伝わそうと思ってますが、下の子はまだ2歳なんで無理ですなぁ...。

というわけで、たまにはテントを張らないキャンプを!と、ひろぽんさんちとプチセレブなアウトドアを企画し、昨年デイキャンプしたグリーンウッド関ヶ原さんのコテージに1泊してきました。


まずは関ヶ原インターを降りてすぐの”そば処幸山“さんでランチです。なかなか美味でございました。

そして、いざキャンプ場へ!


グリーンウッド関ヶ原さんはアクセスも良く、施設もキレイに管理されていて、ゴミを回収してくれるところがポイント高し!です。
し、か、も...釣堀があるんですね~! 到着後、さっそく100円で餌のバイオイクラを買って竿を借りて子ども達はジャンケンで順番を決めます。息子は意外にジャンケンだけは強くて今回も1抜けして最初に竿を出せることに。

ところで、実は...前回竿を2本借りたのですが、そうするとあっちで針を飲み込まれた~!こっちで糸が絡まった~!とトラブル続出でそれに対応している間に写真も撮れず...で、今回は1本の竿を順番に使うことにしたわけです。

果たして作戦は成功。今回はゆっくりと子どもと釣りが楽しめました。ひろぽんさんの頑張る姿も撮影できました^^。

釣った虹鱒は1尾190円で買い取って、炊事場でワタと頭を取ります。生ゴミは専用のポリ容器があって炊事場に捨てられるのでとても便利です。

ワタをとった虹鱒には多めに塩を振って胡椒とタイムを降りかけてジプロックに入れて白ワインに漬けて仕込み終了です。(さて、なんの仕込みでしょ?)

ちなみにお父さんが虹鱒をさばいている間、子ども達は鯉に餌をあげたり、遊具で楽しく遊んでいたようで す。

そうするうちにコテージのチェックイン時間の14時30分となって、管理棟でシーツと鍵を借りてクルマをコテージに横付けして荷物を降ろし、いざプチセレブなキャンプの始まりです。

(※荷物を降ろした後、クルマを駐車場へ移動させなくてはならないのはちと面倒でした。) 

コテージのまわりには芝生の庭?があって、テーブル&チェアを並べてお茶の時間です。晴天ながら風が涼しくて気持ちのいい時間が流れていきます。

今日は子ども達が釣った虹鱒を使って薫製を作ります。30分ほど漬けた虹鱒をさっと流水で洗って水気をキッチンペーパーでふき取っておきます。

そして、アルミホイルでガードしたダッチオーブンに並べたスモークチップから煙が出てきたところでアルミホイルを3つ丸めて足にして網を置き、その上にできるだけ重ならないように虹鱒を並べます。

少しずらしてフタをして約1時間ほどお茶を飲んだり子ども達と遊んでる間、薫煙をかけ続けます。で、火も通って完成!です。

今回は、半分はそのまま食べることにして、もう半分は冷めてから身をほぐしてベビーリーフの上に散らしてレモンとハーブを使ったドレッシングを振りかけ、虹鱒のスモークを使ったサラダの完成です。

ひろぽんさんは、今回はトン汁筍ご飯を作ってくれました。

トン汁には驚くべきことに隠し味としてヨーグルトを投入!されてました...。あとニンニクもけっこう入れたとか...。

途中、味見をさせてもらったのですが、なかなか深い味わいの絶品トン汁でした^^。

ちなみにウチの奥さんと子どもがネギ嫌いで、ネギ抜きにしていただきました...(すんませんなぁ、ネギ入れたほうが味も見栄えもさらに良くなるんですが...)。

次に私は薫煙からガードしておいたダッチに油を入れ、奥さんが前夜のうちにショウガや醤油などに漬け込んでおいてくれた鶏肉を取り出し、塩と胡椒と小麦粉を入れたビニール袋に入れてシャカシャカ振って鶏の唐揚げを作ります。

鶏肉は油に半分ぐらいしか漬かってませんが、中火でフタをしてじっくり火を通し、フタを空けて鶏肉をひっくり返して今度は強火でカリッと仕上げます。出来立てが最高なんで、横から何本も減っていきます(苦笑)。

今回は半分ノーマルで、残りの半分はカレーパウダーをシャカシャカしてカレー風味の唐揚げにしたのですが、こちらのほうが人気でした。


唐揚げが完成したところで、日も傾き風が冷たくなってきたのでコテージで夕食です。

他に皆が大好きなモッツァレラチーズとトマトのカプレーゼ(ただし、生バジルは生育中のため無し)も作ってテーブルはいっぱいに!

お腹一杯いただいた後、男の子達はみんなで仲良くお風呂へ!
そう、コテージというだけにお風呂がついてます。ビジネスホテルのような小さなユニットバス&トイレなんですが、まぁなんというかキャンプじゃなくて別荘に遊びに来たって感じなんですなぁ~これが。 

ちなみに今回の6人用というコテージですが、玄関を入って正面が7畳の台所でテーブルがあって流しと冷蔵庫に炊飯器、戸棚には鍋やフライパンはもちろんのこと、まな板や包丁(切れるかどうかは不明)に急須や湯のみなど、たいがいのものは揃ってました。

履きだし窓を開けるとウッドデッキがあって、台所の左側には4畳半の和室があって押入れには6人分の座布団と布団と毛布にもちろん枕も。台所にはハシゴがあって2畳ほどのロフトスペースもありました。

で、玄関の右には6畳の洋室があってテーブルとテレビ、玄関の左側には脱衣所とユニットバストイレという構成です。冷暖房有となってましたが、実際は台所に古びたクーラー1台(エアコンではない!)と和室にファンヒーターのみでした。

まぁ~ちぃっと古さを感じるものの、まずまずキレイにされていて我々の家族構成にちょうどいいサイズだったのですが、玄関の場所が隣りのコテージ側にあって、荷物の出し入れや庭でお茶するにも少々不便でしたね。とはいえ、設営に頭を悩ませたり時間をとられることが無かったので、料理もすべていい感じに出来上がって好評だったので、年1回ぐらいの恒例となる予感が...^^。

子ども達が寝た後は食器を片付けてコーヒーを飲みながら大人たちのまったりタイムです。けっこう遅くまでなんやかんやとしゃべりまくっちゃいました。
 

 

翌朝、娘に早く起こされ、気持ちのいい朝の空気を吸いながら外でホットサンドを作ります。

中身は王道のハム&チーズです。半分そのままで、後半分にはピザソースも入れてピザ風にしてみました。

子ども達はというと、私が子どもの頃に夢中で見ていたゴレンジゃーから始まったヒーロー戦隊シリーズのゴセイジャーを見るために、7時30分には起きてテレビを見てたようですが、テレビのある洋室にホットサンドを持って行くと仮面ライダーWを見ながらパクつきます...

ん?...こ、これって...絶対アウトドアちゃいますな(爆!)。

これではイカン!と朝食後は遊具のあるところまで娘と散歩です。

そして、チェックアウトの時間が近づき、片付けの後、記念撮影をしてチェックアウト。


その日のランチは近辺で一番旨いらしいイタリアンを食べに行こうと予定していたのですが、みんなお腹が減ってなくて、しばらく広場でフリスビーやサッカーで腹ごなしです。

そして、キャンプ場から程近いピッツェリア・サイプレスさんでランチです。

あんまりお腹が空いてなくて、あんまり食べられないだろうと、とりわけランチを2つだけオーダー(前菜を少しグレードアップして、1つはピザでマルゲリータ、もう1つはアサリのスパゲッティ)したのですが、子ども達がけっこう食べたので、デザートだけシュークリームを追加してしまいました。美味しかったんでしょう。

エスプレッソも頼みたかったのですが、「うちは薄いめです…」てなことを言われたので、やめました。薄いエスプレッソって...。



あと、マルゲリータにはバジルが当たり前ですが、まぁ~探さないとわからないぐらい少量散らしてあるのみ。これだったらもう少しウチの畑のバジルが大きくなったら自分で作ったほうが香り豊かなマルゲリータができそうです。

てなわけで、ちょっとどやねん!ってところがありましたが、味はいずれも美味しかったです。
 

 


こうしてプチセレブなキャンプは無事終了~。

ひろぽんさん、奥さま、Rくん、Kくん、今回も一緒に遊んでくれてありがとう~! また行きましょう!

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

プチセレブなキャンプ...?(グリーンウッド関ヶ原)」への2件のフィードバック

  1. ほほ~う。「別荘」の気分ですな~
    魚釣りもできたので、よかったですね。
    お子さんたちも「プチ合宿!」のノリで楽しかったのでは~
    今度は 魚でも食べに「民宿」でも行くか~?(笑)
    えっ???「アウトドア ちゃうてか?」(爆) そりゃ 失礼!
    こんど、寒くなったら ひろぽんさんの「トン汁」再現してくださいませ~(食べたい!)

  2. 今回はコテージということで思っていた以上に疲労感がなく変なクセがつかないと良いのですが・・・。
    テントの設営も必要がないのでご飯作りに専念できたのかもしれないですね。あっ、やばい!!いいことづくめやっ!
    あぁ、今でも虹鱒のスモークの香りとから揚げのカレーのいい香りがよみがえってきます。
    しまじろうさん。とん汁は24YANさんのコメントはだいぶ色がついてますが機会がありましたら頑張らせてもらいます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中