Tavares / Hard Core Poetry (1974)

  今夜の1枚は、「愛のディスコティック(It Only Takes a Minute)」で有名なタバレス初期のアルバムで1974年の“Hard Core Poetry”。

 ファンキーで黒いヴォーカルなんだけど、それ以上に明るくポップなサウンド曲が多く、「愛のディスコティック」なんてユーロビートミックスが作られて、よくディスコでバナナラマなどに混じってプレイされてました…(苦笑)。

 タバレスは、とくにそんな明るいダンスサウンドが特徴で、5人のメンバー全員(ちなみに兄弟です)がメインを務めることができるしっかりしたヴォーカルを聴かせるナイスなコーラスグループです。

 本作では“My Ship”が弾むようなサウンドのアップナンバーで良いですねぇ。スロウはホール&オーツ“She’s Gone”のカバーが胸に染み込む深い味わいで最高!

 ところで、「愛のディスコティック」が聴きたいがために購入したベストCDを持ってるのですが、マスターテープが劣化していたのか、CD化するときの技術的な問題からか、サウンドのダイナミックさが全く失われてしまってCDで最初に聴いたときは、これほど良いグループだとは思わなかったんですよね~。

 つまり、後から買ったレコードのほうが音に勢いというか抜けるようなダイナミックさがあって、全く別の曲に聴こえるほど大きく違うんですよ。最近は技術が進歩してビートルズのCDも良くなったようですが、少し前の時代にCD化された古い曲は、やっぱり当時のメディアであるレコードを探して聴きたいもんです。

 いや~それにしても、タバレスはヴォーカルが黒いにもかかわらずサウンドが絶妙にポップなところが良いですなぁ~。どのアルバムもそれほど外れがないらしいのですが、まだいくつか聴いてないアルバムがあるので、ヤフオクで安く出てくるのを待ち続けてます…(爆)。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中