京都市動物園

息子がけっこう前から動物園に行きたい行きたい...と言ってまして、日曜日に天気も良かったので、行ってきました。

動物園は入場券が安くていいですね。大人500円で小学生未満の子どもは無料で懐に優しいのが嬉しいですなぁ^^。

ゲートを入って右に進むとキリンが3頭。娘は「きぃんちゃん!きぃんちゃん!」と大興奮です。7月生まれの赤ちゃんキリンが可愛かったのですが、ずっと座ってました。大丈夫なんでしょうか?

続いて「おとぎの国」と名付けられた動物と触れ合えるコーナーへ...。

「おとぎの国」では、モルモットを抱っこしたりロバに触ったりと子ども達は楽しんでました。

 その後はお昼をはさんでゾウやゴリラやライオンにトラと一通り回りましたが、は虫類館だけは息子が嫌がったのでパスしました。相変わらず暗いところは苦手のようです。

動物たちの中でサービス精神旺盛だったのは、レッサーパンダとニホンカモシカで、ウチの家族が前に行くと、その前まで近づいてきてくれました。可愛い奴らです^^。

しか~し!ライオンなどの猛獣系はいずれも昼寝中で全く動かず!息子が見たいと言っていたワニなどは剥製が置かれていてもわからないほど微動だにしない状態でした。まぁ、普通の動物園はこんなもんだと思いますが...。

で、帰ってから何が一番良かったか息子に聞いたところ...

「ハト!」

って、おいおいf^^;;;。

実は、お昼ゴハンを食べたときにパンくずやゴハン粒をハトにあげたのですが...それが一番面白かったらしいです。なんだかな~(苦笑)

それから、動物園の動物って覇気が無い(当たり前?)というか、可哀想というか...少なくとも渓流でまれに出会う野生動物たち例えば鹿やカモシカは神々しいまでに美しいと感じるのですが、オリの中の鹿やカモシカさんは...。きっと自然の中で暮らしているライオンやトラはもっと美しいんだろうなぁ...などと思ってしまいました。水族館の魚たちも同じように感じてしまいます...。

 ところで、動物園で個人的に一番印象に残ったのは、 コンドルです。えっ、何でかって?

私の趣味であるフライフィッシングでは多種多様なフライ(毛針)をつかうのですが、その中で最も好きなカディスパターンのドライフライ“スペックルドセッジ”のボディ材として、コンドルの羽根を使うんですよね~。

まぁ、ワシントン条約でしたっけ?があるんで釣具屋さんで手に入るコンドルクイルは本物じゃないとは思いますが、動物園ではコンドルを見ながらどこに生えてる羽根かな~、近くに落ちてへんかなぁ~...としばらく地面を物色してしまいました(爆)。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

京都市動物園」への3件のフィードバック

  1. 最近は専ら親父が孫を連れて行ってくれますが以前は時々行ってました。
    ご存知かもしれませんが、名古屋の東山動植物園も料金安くていいですよ。ただ、あそこは駐車場が混みますけどね。

  2. 何度か行きましたよ~。高速乗ったらすぐですもんね。
    ん?でホンマもんの「コンドルクイル」探してたって?(笑)
    コンドルクイルで巻いたボディはなかなか ええ感じ ですもんね~

  3. ひろぽんさん、しまじろうさん、コメントおおきにです。
    名古屋にはコアラがいるんですね!また行きたいと言いだしたら候補にしたいと思います。
    コンドルクイルのボディは虫っぽくなって釣れそうなオーラが出ますよね~^^。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中