夏はやっぱり流しそうめん!

しまじろうさんから、今度はアウトドアで素麺大会でもやりましょう!

とのお誘いに、素麺ならウチですれば?裏の竹林から竹を切ってくれば流し素麺もできるで~!てなメールのやりとりから始まり、土曜日に親父に竹を切っていいか聞くと、なんだか嬉しそうに今から切りに行こ、ということになって...どういうわけだか、しまじろうさんが来る前日に竹の加工が完成していたのでした。

竹の加工は、適当な長さに切った竹にナタを入れ、親父と2人でハンマーで叩きながら2つに割って、節はハンマーでコツコツと叩いて落としました。最後に、割ったところで手を傷つけないように鎌で丁寧に面取りして完成。

あ~、疲れた。節はナイフできれいにしようと思いましたが、円形の内側というのは非常に削りにくく、すぐにあきらめました。ので、少々残ってますが、そのままでも水を流せばなんとかなるだろうと...。

そして、迎えた日曜日。お天気も上々で、ウッドデッキの上に脚立を置いて、竹をセッティング。脚立の上には、しまじろうさんに持ってきてもらった水を入れたポリタンクを置き、流れ出す側の竹はブロックの上に置いて、バケツと網をセット。

竹が重く、脚立の隙間に竹の上端を挟んだだけで、とくに針金や縄で固定することなく安定したので、セッティングはけっこう簡単でした。

そして、持ち寄りのサイドメニューもテーブルに並べて、いよいよ流し素麺の開始です!

最初は水量がわからず、少々強めに流したところ...スルー続出!でザルにたまったのを大人が大量にいただくことに...。

これはイカン!と水量を絞るとフォークで参戦の4歳の息子もしっかりキャッチできたようです。

ただ、水量が弱いと節に少々ひっかかるようになりました。もちろんひっかかった素麺は大人が丁寧に回収、です。

いや~、それにしても楽しいイベントになりました。息子も「そうめん、おいしい!」「またして~」と喜んでくれたようです。1歳の娘はしまじろう家の皆さんから順番に食べさせてもらって、ご満悦でした。「おいちぃ」連発してましたね。しまじろうさん、奥さん、サッカー小僧くん、お嬢さま、ありがとうございました~!


追伸: またやりたい...と思ったのですが、使った後の竹をしっかり乾かさずに軒下に置いたので...カビるんるんが繁殖して使えなくなってしまうような...(爆)。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

夏はやっぱり流しそうめん!」への1件のフィードバック

  1. そうめんバトルの動画、最高ですな~。サッカー小僧が「するするっと」失礼しました。24yanの王子様。なかなか ええ イベントでした。竹はカビたら、また「作っといて~」(爆)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中