嗚呼、天増川キャッチ&リリース区間

 キャッチ&リリース区間。そこでは渓魚を比較的簡単に見つけることができる。しか~し!リリースを繰り返されてスレきった魚は簡単に釣れない。見えている難しい渓魚を相手に濃密な知的ゲームを楽しむ。これが私が抱いているキャッチ&リリース区間のイメージです。

 さて、これまで滋賀県ではいくつかの河川で名ばかりのキャッチ&リリース区間が設定されてきましたが、いずれも成功せずに終わってます。今年、滋賀では唯一といっていいヤマメの渓である天増川(あますがわ)にキャッチ&リリース区間が出来たというので、期待しながら久しぶりに行ってみました。

 天増川キャッチ&リリース区間は最下流部の2kmで、残念ながらゲートより下流です。今まで何度か天増川には来ていますが、ほとんどゲートに守られた上流でしか釣ったことがないので、今日はキャッチ&リリース区間がどんなもんか確かめるべく下流へ入ってみました。

 午前9時から11時過ぎまで、気合を入れて7.5Xティペットを使ったりしたのですが...結果は1尾バラしたのみ。サイズは多分15cmほど。非常に残念ですが、指定された区間は渓魚が身を隠す大き目の底石が少なく、あったとしても小石や砂利で埋まってしまっていて、いわゆるエグレがありません。定位している渓魚やライズも見つけられず、走る魚影も皆無。石徹白川の峠川キャッチ&リリース区間とは大違いですなぁ…。 これから数年で魚が増えるのか?と問われると、底石の感じからして非常に疑問です。珍しく堰堤の無い、奇跡のような渓ですが、本気で渓魚を増やそうと思うなら、キャッチ&リリース区間をもっと上流へ広げないと...(ぜひ!)。

 ところで、このままではボウズなので、午後は券を買ったところのオバチャンにゲートを空けてもらって上流へ。上流へ行けば行くほど底石もしっかりしてきて魚が居そうな気配が漂ってきます。今日はGWだというのに、釣り人は自分を入れて5人らしいので、先行者に出くわすこともなく、1尾のヤマメを求めてドライフライで目ぼしいポイントをこれでもかと叩き上がりました。

 しか~し、ここぞというポイントは沈黙で、セカンドポイントで忘れた頃にアタックがあって、なんと朝から6尾連続バラしという情けない自体に...。ドライフライに出るには出るのですが、フッキングと同時に素早く下流へ走られ、ロッドを立てると上に枝が張り出してたりして、ラインを手繰るのが間に合いません。あぁ...(涙)

 なんとか16時過ぎまでがんばって、17cmと15cmのヤマメと、ルアーのようなイワナをキャッチ&リリースしてきました。 

 あぁ...疲れた。足が棒です。高速料金が安くなって福井や岐阜へ行きやすくなった今、天増川は県内とはいえウチからは結構遠いので、この状況ならばしばらく行くことはないかも?キャッチ&リリースがうまく定着して、いつ行ってもライズするヤマメが確認できるような状態になればと期待はしますが、そうなるには数年かかるんじゃないかなぁ...。あと底石の状態が良いゲートの上流へ区間が延長されることを願ってます。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中